地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年10月17

厳しい財政運営は変わらず
名寄市の健全化判断比率・数値上は改善したが

 【名寄】名寄市は、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づき、22年度決算による健全化判断比率を示した。実質赤字比率と連結実質赤字比率は、一般会計をはじめ全会計で黒字決算だったため数値はなし。実質公債費比率と将来負担比率は、公債費の減少や繰り上げ償還に伴う市債残高減によって、数値の上では21年度に比べ改善されている。改善の要因は、普通地方交付税と返済時に交付税措置される「臨時財政対策債」の金額が伸びていることが挙げられている。だが、今後も実質的に厳しい財政運営を強いられることに変わりはない状況となっている。


[ 2011-10-17-19:00 ]


消費者として知識向上
美深町住民自治福祉大会・石渡弁護士の講演に耳傾ける

 【美深】第10回美深町住民自治福祉大会が16日、町文化会館で開かれ、地域特産品販売など「福祉の杜」での買い物を楽しんだほか、石渡真維弁護士の講演を通し、悪徳商法にだまされないための知識を深めた。
 美深町自治会連合会(多田勝会長)、美深町社会福祉協議会(教重文雄会長)の主催。住民が自治会活動に積極的に参加し、共に支え合う地域づくりを目指すとともに、福祉活動の一層の推進を図ることを目的に毎年開催している。
 地元美深をはじめ、近隣市町村から約300人が参加。町保健福祉グループの健康相談や各団体による特産品販売など「福祉の杜」での買い物に加え、名寄市風連町の阿波踊り愛好会「風舞連」の演舞を満喫した。
 司会・進行を務めるフリーアナウンサーの喜瀬ひろしさんは「人を思いやったり、好きになると、いい加減な言葉は使わない。言葉を大切にするということは、人を大切にすることにつながる」と訴えた。続いて、企業法務、一般民事業務などを専門とする石渡弁護士が「消費者としての知恵」をテーマに講演した。

(写真=約300人が参加し、知識を深めた住民自治福祉大会)

[ 2011-10-17-19:00 ]


迅速に操法を披露
風連消防団の秋季訓練

 【名寄】風連消防団(山崎清士団長)の秋季消防総合訓練が15日、市役所風連庁舎敷地内で行われ、日頃の訓練成果を披露した。
 訓練には団本部と第1から4分団のまでの団員、名寄消防署、同署風連出張所職員の60人が出動。また、消防車両10台が配備された。
 実戦訓練は、同庁舎から出火したとの想定で進行。サイレン吹鳴とともに各部隊が出動し、各配置地点から放水した。
 引き続き、同庁舎敷地北側に全部隊が集合し、一斉放水。団員たちは連携しながら機敏な動きで指定場所に着くとともに、迅速に機材を準備し、操法を披露した。

(写真=一斉放水、実戦訓練を展開した秋季消防総合訓練)

[ 2011-10-17-19:00 ]


劇や音楽に大きな拍手
名寄・豊西小学芸会で見事な舞台

 【名寄】名寄豊西小学校(工藤芳晴校長、児童218人)の第38回学芸会が、15日午前9時から同校体育館で開かれた。
 テーマは「ひびきわたるリズム 目をひく演技 『がんばった』と言われる 自分になろう」。
 1年生の「はじまりの言葉」で幕開け。1年生は自分たちで考えた振り付けも合わせて合唱「手のひらを太陽に」や器楽演奏「南の島のハメハメハ大王」などを元気いっぱいに披露。2年生は劇「サウンド オブ ミュージック」で堂々とそれぞれの役を演じきった。5年生は合唱「負けないで」、器楽では「全力」「あとひとつ」で息の合った音色を会場に響かせた。
 この他の学年もそれぞれ練習してきた成果を披露。会場では保護者らが、わが子の晴れ舞台にカメラを向けるなどして、発表が終わるごとに大きな拍手を送っていた。

(写真=各学年が練習の成果を披露した豊西小の学芸会)

[ 2011-10-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.