地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年10月7

雨で収穫作業に遅れ
名寄支所管内1日現在作況・水稲、バレイショが

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所は、1日現在の農作物生育状況をまとめた。9月中旬以降、前線や台風による雨の影響で水稲をはじめ、バレイショ、小豆も収穫作業が遅れている。
 9月15日以降の気象経過は、気温は全体を通して平年並みだが、6半旬は高めに推移。降水量は前線で16日から18日、台風で22日にまとまった降雨があった。日照時間は全体的に短かった。
 同支所では「水稲は雨によって収穫作業が中断。収量はそれなりに確保しているが、水分が多いため乾燥が滞り、刈るに刈れない状況。現時点の進ちょくは80%に届かない程度で、作業終了は天候次第だが、来週前半となりそう」と話す。

[ 2011-10-07-19:00 ]


市民にメールサービス
加藤市長の記者懇談会・不審者や災害情報などを配信

 【名寄】加藤剛士市長の定例記者懇談会が6日、市役所名寄庁舎で開かれた。加藤市長は、職員提案による市民へのメール情報配信サービスを1日からスタートさせたとしたほか、25日から市内各所で開催する「まちづくり懇談会」で、「多くの市民に参加してまちづくりなどにかかわる意見をいただきたい」と呼び掛けた。
 市運用のメールシステム機能を活用した情報配信サービス内容は(1)不審者(2)インフルエンザなどの感染症(3)災害(4)市長が認めた行政の緊急事項―で情報提供を希望する市民にEメールか携帯電話メールに送信するもの。
 市のPR事業では、職員名刺に市のキャッチフレーズやアカゲラキャラクター、観光PRに結び付くイラスト、画像を印刷する。加藤市長は「11月1日から実施するが、職員名刺は自費作製なので、印刷協力を呼び掛けてできるだけ多くの職員に掲載してもらい、名寄をPRしていきたい」と話している。

[ 2011-10-07-19:00 ]


進ちょく確認し安全呼び掛け
名寄・加藤市長の重点事業視察

 【名寄】加藤剛士市長の23年度重点施策事業視察が5日に行われ、市内各所で進めている市発注の工事現場などを見て回った。視察では、市立天文台「きたすばる」の駐車場増設事業をはじめ、玄米バラ集出荷施設や有害鳥獣焼却処理施設など各主要事業の進ちょく状況を確認した。
 毎年実施している同視察には加藤市長をはじめ、各部長や事業管轄の担当職員などが参加。本年度は、現在工事を進めている12カ所の事業現場を視察した。
 老朽化に伴って新築工事が進められている食肉センター(市内日進)関連の農林水産物処理加工施設整備現場では、担当者が「9月末現在の工事進ちょく率は15%。大型施設となるため、工事を3段階に分けて進めており、来年2月に完成を予定している」などと説明。加藤市長は、担当者の説明に耳を傾けながら、工事の進ちょく状況を確認して安全作業の推進を呼び掛けた。

(写真=各主要事業の状況を確認した重点施策視察)

[ 2011-10-07-19:00 ]


森林散策し自然に触れる
風連児童会館「秋をさがそう」

 【名寄】風連児童会館の「秋をさがそう」が5日、道立トムテ文化の森で行われ、森を散策しながら秋の自然と触れ合った。
 この日は、児童35人が参加。講師はトムテ文化の森生涯学習アドバイザーの蓑嶋巍さん、サンピラーパーク生涯学習アドバイザーの池昇一さん。
 秋晴れの下、子供たちは「森の学び舎」前を出発。オニグルミの木では、リスがかじったと思われる実を発見。また、この時期の出現は珍しいカブトムシを見付けて歓声を上げ、樹液が出ているハルニレの木に放した。
 さらに大きなウサギが山へ駆けていく様子も目にするなど、タイミングよく動物たちに出会えたことに満足の表情を浮かべながら、秋の森林散歩を楽しんでいた。

(写真=道立トムテ文化の森を散策した「秋をさがそう」)

[ 2011-10-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.