地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年9月30

広域事業など盛り込む
定住自立圏の形成協定・13市町村集まり名寄で調印式

 【名寄】北・北海道中央圏域の定住自立圏形成協定合同調印式が30日、ホテル藤花で行われた。上川北部、オホーツク、宗谷管内13市町村が広域的で安心して暮らせる地域を形成し、持続可能なまちづくりを進めるもの。調印式には各自治体首長などが出席して、「生活機能」「ネットワーク」「圏域マネジメント」に関わる各種事業を盛り込んだ協定を締結したことから、将来を見据えた広域によるまちづくりの活性化に期待が寄せられている。
 調印式には、13市町村の首長や議会議長などが出席。中心市と周辺の各町村長がそれぞれ協定書に調印。加藤剛士名寄市長と牧野士別市長が「すべての調印を終え、圏域を形成することができ感謝している。3管内にまたがる道内初の複眼型形成であり、医療、福祉、交流など幅広い分野で取り組むことができる。今後は共生ビジョンを作成して具体的に事業を推進していくこととなるが、周辺自治体と連携を密にして中心市としての責務を果たしたい」。周辺町村を代表して安斎保下川町長が「各自治体の力や特徴、人材などを十分に生かした中で力を結集し、地域づくりに努めたい」と挨拶した。

(写真=13市町村長などが出席した定住自立圏形成協定調印式)

[ 2011-09-30-19:00 ]


農作業の効率化に期待
美深町川西のウルベシ橋・約30人が渡り初めで完成祝う

 【美深】美深の町道天塩川左岸道路改良舗装工事で架設した新「ウルベシ橋」=町内川西地区=の開通式が29日に同橋で行われ、地域住民らが新橋の完成を祝った。
 開通式には、地域住民ら約30人が出席。山口信夫町長が「旧ウルベシ橋は幅員が狭く、大型車両に対応できなかったため、地域から長年架け替えの要望を受けていた。きょう、めでたく完成した新橋の幅員は約2倍で、大型車両が楽に運行できるようになり、地域活性化につながることに期待している」と挨拶。
 来賓を代表した渡辺祥一川西自治会長は「この橋は、地域の産業道路、生活道路として欠かすことができない橋。立派な橋を造っていただいたことに感謝申し上げたい」と礼の言葉を述べた。
 山口町長、倉兼政彦町議会議長、渡辺会長、地域代表の塩尻邦彦さんによるテープカットに続き、渡り初めで新橋完成を祝うとともに、大型農作業機械の対面通行可能による農作業の効率化に期待を込めていた。

(写真=テープカットで完成を祝う山口町長、渡辺会長ら)

[ 2011-09-30-19:00 ]


2クラス確保を前提に
公立学校統廃合検討委・収容力など考慮し継続協議

 【名寄】第3回名寄市街地区公立学校統廃合検討委員会(西川准司委員長、委員20人)が28日に市役所名寄庁舎で開かれ、名寄地区市街地小学校の統廃合について継続協議した。
 第3回検討委員会では前回に引き続き、適正配置の検討について2グループに分かれて討議。これまでの協議経過に基づき、既存校舎の耐震性、既存校舎の収容能力、費用対効果などさまざまな面を考慮しながら話し合いが行われた。
 委員からは、「費用対効果の面から考えると統廃合の対象となる学校は絞られる。しかし、どの学校がどれだけの児童を受け入れることが可能かを考慮しながら、通学区域の見直しが必要」「1校のみに児童が多く偏ることなく、一定程度均等となることが望ましい。どの学校も1学年2クラス確保を前提とした校区割を」などの意見が出された。

[ 2011-09-30-19:00 ]


小学生が植樹体験
緑豊かなぶる里づくり・森林の大切さ学ぶ

 【名寄】「子供たちの手で緑豊かなふる里づくり」が29日、道立トムテ文化の森で行われ、名寄小学校と名寄東小学校の児童がミズナラなどの植樹を体験するとともに、樹木を活用してものづくりを楽しんだ。
 同事業は、道立トムテ文化の森「森林体験プログラム」、名寄市木育事業の一環として実施。名寄小3年生47人、名寄東小3年生27人が参加。道立トムテ文化の森生涯学習アドバイザー、蓑嶋巍さんの話を聞きながら植樹を体験。蓑嶋さんは「苗木を植えて15年くらいで実を付けるようになります。4年に1度は豊作になるようです」などと樹木の生育過程を説明した。
 その後、子供たち一人一人が昨年秋から育ててきたミズナラの苗木、今年秋に収穫したクルミの実を植え込み、順調な成長を願った。

(写真=ミズナラの苗木を植え込む子供たち)

[ 2011-09-30-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.