地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年9月29

名寄の特産品も並ぶ
北海道フェアin代々木・東京なよろ会が出展しPR

 「第23回北海道フェアin代々木〜ザ・北海食道〜」(実行委員会主催)が、30日から10月2日までの3日間、東京都渋谷区の代々木公園B地区広場を会場に開催される。東京近郊に在住する名寄出身者などで組織する東京なよろ会も参加するが、名寄市からも職員3人が現地を訪れ、名寄の特産品などを販売し、名寄をPRする。
 北海道フェアin代々木は、首都圏最大級の屋外型北海道物産イベント。安全で安心な道産食材が手に入るイベントとして定着しており、昨年は35万人以上の来場者でにぎわった。東京なよろ会が出展するのは、同時開催される北海道ふるさと会連合会主催の「第17回北海道産直フェア」のふるさと会連合会エリアで、名寄の特産品を広くPRする機会としていく。

[ 2011-09-29-19:00 ]


まちづくりで意見交換
美深町・町民会議で22年度実績説明

 【美深】美深町まちづくり推進町民会議(小林建毅議長)が28日、町役場で開かれ、第4次総合計画の22年度事業実績などを説明するとともに、今後のまちづくり推進に向けて意見を交わした。
 同会議は、各団体推薦委員30人で組織。目的は、美深町総合計画をはじめとする各種計画実現に向け、町民から町政に対する意見、要望を聞き町政の改善。
 委員ら約30人が出席。第4次総合計画最終年度の22年度事業は、計画22億31万円に対して実績20億765万円。主な事業として、市街地コミュニティバスと仁宇布線デマンドバスの実証試験運行の「地域公共交通活性化・再生総合事業」、住宅整備や魅力ある店舗づくりを促進するための費用を一部助成する「美深町快適住まいづくりと商工業振興補助事業」などが説明された。

(写真=今後のまちづくりに向けて意見を交わした町民会議)

[ 2011-09-29-19:00 ]


さまざまな場面で活躍
名寄市青少年表彰・23年度は2個人1団体が受賞

 【名寄】23年度名寄市青少年表彰式が28日、市役所名寄庁舎で行われ、名寄産業高校生活文化科3年の羽生安理沙さん、名寄市風連獅子舞保存会の川原久文さん、名寄市立大学短期大学部人形劇サークル「仔やぎ」の2個人1団体が表彰を受けた。
 表彰式には関係者約25人が出席。梅野博市教育委員長が表彰状を手渡し、「人の先頭に立ち、まとめ役を担うという経験は、長い人生の中で大きな財産となる。また、それぞれの歴史や伝統を後進へと引きつないでいってほしい」と祝辞。
 受賞者を代表し、人形劇サークル仔やぎの高橋舞さんが「今日の受賞を誇りに、さまざまな場面で活躍したい」と謝辞を述べた。

(写真=受賞の川原、羽生、仔やぎの高橋さん=左から=)

[ 2011-09-29-19:00 ]


意見を整備の参考に
地域住民と創る道有林・上川北部管理区現地説明会

 【美深】上川総合振興局北部森林室(高谷俊和室長)主催の「地域住民と創る道有林〜上川北部管理区評価現地説明会」が28日、北部森林室を発着点に開かれた。
 18年度策定の「上川北部管理区整備管理計画」が、5年目を迎えることから事業実績と、その効果を紹介し、住民意見を今後の道有林基本計画や整備管理計画に反映させることが目的。
 林業関係者ら約20人が参加。柳山知北部森林室森林整備課主査が、上川北部管理区整備・管理計画前期(19〜23年度)に実施した森林整備や管理を対象とした、道有林野事業評価「上川北部管理区評価(案)」を説明。
 また、美深と名寄にある道有林3カ所での説明会では、参加者から森林整備に関する意見、要望を聞き、今後の森林整備の参考としていた。

(写真=上川北部管理区評価(案)などを聞いた説明会)

[ 2011-09-29-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.