地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年9月28

病院会計決算で質疑
名寄市議会定例会が閉会

 【名寄】名寄市議会の22年度決算審査特別委員会(日根野正敏委員長)が28日、市役所名寄庁舎で開かれ、病院事業会計と水道事業会計で質疑を行った。
 佐藤靖委員(市民連合・凛風会)は、市立総合病院の一部外来診療の午後休診見直しや総体的な将来の問題点などで質問。
 佐古和廣院長は、午後休診の見直しを検討するとしたほか、同院の今後の問題点で「開業医の増加などを理由に旭川医大の医師が減少傾向にあり、将来的により一層医師確保が難しくなる」とし、魅力ある病院づくりによる医師確保に努めるとした。
 高橋伸典委員(公明)は約4500万円ある未収金対策などで質問。佐々木博光医事課長は「分納、分割などの支払い方法に加
え、市外未納者も含めた訪問徴収も新たに取り入れており、約2700万円を回収できる見込み」と答え、理解を求めた。
 また、同委員会終了後に本会議が開かれ、一般議案などを可決して閉会した。

[ 2011-09-28-19:00 ]


実地で事故防止策学ぶ
ピヤシリ大学の交通安全教室

 【名寄】名寄ピヤシリ大学(学長・小野浩一市教育長)の交通安全教室が27日、名寄自動車学校(和田敏明管理者)で開かれ、実地講習を通して交通事故防止策を学んだ。
 自学コースで実地講習。講師は和田管理者らが務めた。コースでは、走行音が静かな電気自動車と従来のガソリンエンジン自動車が近付いてくるのを認識できた距離を計測。モーターの音しか聞こえない電気自動車はかなり接近してこないと存在に気付かず、接触事故の懸念があることを知った。
 また、衝突防止装置が作動する自動車に試乗し、低速であれば衝突を回避できるというシステムを体験した。

(写真=自学コースで繰り広げた交通安全教室)

[ 2011-09-28-19:00 ]


生き物などを絵に描き
下小2年が森の地図づくり

 【下川】下川小学校2年生32人を対象とした「森の地図づくり」が27日、下川町内で開かれた。
 森林環境教育の一環。地図づくりでは、渓和森林公園内のお気に入りの場所と生き物や植物といった2種類の地図を作った。
 児童たちは森の中でさまざまなものを見つけて、自然の魅力を満喫した様子。
 完成した地図は、同公園「フレペ」で10月5日まで展示されている。

(写真=白地図に探し出した動植物や場所の絵を貼る児童)

[ 2011-09-28-19:00 ]


キャップで金魚作る
風連児童クラブ工作教室

 【名寄】風連児童クラブの工作教室が27日、風連児童会館で開かれ、ペットボトルのキャップを使い、かわいらしい金魚を作った。
 同館では、10月17日午前9時半から「児童会館まつり」を開催し、ゲームなどを行うことにしているが、それを前に同まつりで用意するものを工作教室で作った。
 この日は30人が参加。作業では、ペットボトルのキャップに金魚をかたどった色画用紙を貼り付け、目やヒレを描いた。また、カラフルなビニールでキャップを包み、針金モールで縛って金魚の形を作り出した。

(写真=児童会館まつりを前に工作に励む子供たち)

[ 2011-09-28-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.