地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年9月20

架け替えか廃止は25年度以降に
名寄の18線橋・23日から車両通行止め

 【名寄】名寄市は、豊栄と共和地区を結ぶ市道18線道路で、風連別川に架かる「18線橋」を23日午後5時から車両通行止めとし、歩行者と自転車のみ通行とする。老朽化が著しく、車両通行の安全性確保が難しいための措置としているが、早急な修繕は橋りょうの状態や財政事情などを踏まえて困難としている。今後は架け替えか廃止を検討していくが、その方向性が示されるのは、国交付金事業の「橋りょう長寿命化計画」が策定される25年度以降となる見通し。沿線地域での説明会では、住民から廃止反対の声も聞かれたが、市では安全性を考慮すると通行止めはやむを得ないとして、理解を求めている。
 「18線橋」は、鉄筋コンクリート製で昭和35年に完成。橋長78メートル、幅員5・5メートル。市道18線道路の風連別川に架かり、豊栄と共和地区を結ぶとともに、曙地区にライスターミナルがあることから、沿線住民だけではなく、広く農家にも利用されている。

[ 2011-09-20-19:00 ]


70億円程度を予定
名寄市議会一般質問・合併特例債の活用で答弁

 【名寄】第3回名寄市議会定例会は、20日午前中、佐々木寿議員(市政クラブ)と熊谷吉正議員(市民連合・凛風会)が一般質問を行い、理事者の考えをただした。
 熊谷議員は、総合計画後期計画の策定状況や財政展望、事業優先度の考え、重要施策の課題、基金や合併特例債活用の基本方針など3件。24年度スタートに向けて策定作業中の総合計画後期計画の内容で、佐々木雅之総務部長は、東日本大震災に伴う財政影響などに加え、今後は合併算定外の優遇措置が段階的に減額されるため、巨額な収入減が予想されるとして、「継続事業は後期計画に盛り込む考えだが、新規事業は慎重に審議して優先度を決める」。また、同計画の中で取り組む重要施策では「市民ホール(仮称)や市立大学図書館整備、市立総合病院の精神科病棟改築と駐車場整備などを予定」。有利債となる合併特例債(起債額の7割が地方交付税措置、残り3割を償還)の活用で「23年度までで約46億円の活用が見込まれるとともに、今後も後期計画の中で大型事業を想定しているため、特例債を利用できる27年度までに60億円から70億円を活用する計画。しかし、3割は一般財源で償還しなければならないため、厳選しながら必要な事業に有効活用したい」と答え、理解を求めた。

[ 2011-09-20-19:00 ]


佐々木さん(107)最高齢に
名寄市長寿を祝う会・米寿、白寿、金婚者を招待

 【名寄】名寄市長寿を祝う会が17日、市民文化センターで開かれ、市内在住で米寿、白寿、金婚の節目を迎えたお年寄りたちを招待して祝福した。
 市の長寿を祝う会は毎年、同実行委員会(委員長・中村稔名寄市社会福祉協議会長)を組織して開催。今年は、男性が明治37年生まれで満107歳の佐々木五郎さん、女性は満106歳の船迫タツさんを最高齢に、白寿(数え99歳)19人、米寿(数え88歳)176人、金婚86組を対象に招待した。
 祝う会に先立ち、南保育所の子供たちが「よっちゃれ」のかわいらしい踊りを披露して会場を盛り上げた。
 中村実行委員長は「戦後の混乱の中、今の平和な世の基礎を築いていただいた皆さんの苦労に感謝しています」と挨拶。続いて、来賓の加藤剛士市長、中野秀敏道議会議員、黒井徹市議会議長がお祝いの言葉を述べた。最後に出席した招待者に加藤市長と中野道議から、金婚夫婦に社会福祉協議会から記念品が贈られ、出席者の長寿を祝った。

(写真=長寿を祝う会で加藤市長から記念品を受ける招待者)

[ 2011-09-20-19:00 ]


3農家が米初出荷
名寄・全量1等で好スタート

 【名寄】風連地区の23年度産米の初出荷が20日、風連検査場所で行われた。道北なよろ農協によると、水稲の生育状況は春先の日照不足により生育の遅れが心配されたが、夏場の好天により持ち直し、質、収量ともに平年並み。この日は、3農家が丹精込めて育てた米を持ち込み、全量1等の好スタートを切った。
 初出荷は昨年より6日遅い。この日は、西風連の後藤信夫さんがもち米「しろくまもち」168袋(1袋30キロ)、瑞生の石谷邦明さんがもち米「きたゆきもち」64袋、西風連の斉藤仁司さんがうるち米「ゆめぴりか」100袋を出荷。
 中島道昭同農協組合長、久保和幸副市長、名寄市もち米生産組合風連支部(伊賀敏彦支部長)、名寄市うるち米生産組合(武田修一組合長)などが見守る中、農作物検査員が整粒や品種混合の有無、水分割合、被害粒の有無などを抽出検査。検査終了後、全量1等米出荷を祝い、3人に記念品が贈られるなど、期待通りの出来栄えにほっと胸をなで下ろしていた。

(写真=抽出検査で全量1等米の好スタートとなった初出荷)

[ 2011-09-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.