地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年9月17

多額の事業費が課題
名寄市議会一般質問・映画ロケセット保存提案に対し

 【名寄】第3回名寄市議会定例会は16日、山口祐司議員(新緑風会)、日根野正敏議員(市民連合・緑風会)、駒津喜一議員(市政クラブ)が一般質問を行った。駒津議員は、観光施策に結び付ける映画「星守る犬」のロケセット(奥津家)保存で質問。湯浅俊春経済部営業戦略室長は「仮設建物で安全性が確保できないため、保存更新ができない。基礎補修やセット移転などの選択肢による保存が可能だが、多額の事業費が必要」。一方で、映画効果による観光客の入り込みが大きいため、保存方法を模索して本年度中に方向性を示すと答えた。

[ 2011-09-17-19:00 ]


将来負担はマイナスに
下川町財政健全化比率・22年度も全項目で基準以下

 【下川】平成22年度決算に基づく下川町健全化判断比率と資金不足比率がまとまった。病院事業など全会計をトータルした決算状況をチェックするもので、下川町の場合、全項目で「基準以下」。将来負担比率がマイナスに転じるなど、前年度を上回る健全な数値になった。担当課は「今後も健全財政を堅持していきながら、町民サービスの向上、産業振興など地域活性化を図っていきたい」と話す。

[ 2011-09-17-19:00 ]


仕事が認められうれしい
北海道社会貢献賞受賞・名寄市消費者センの菅原さん

 【名寄】名寄市消費者センター消費生活専門相談員の菅原惠子さんが15日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤剛士市長に北海道社会貢献賞(消費生活関係功労者)の受賞報告を行った。菅原さんは「自分の仕事が認められて大変うれしく思う」と受賞の喜びを語っている。
 菅原さんは昭和55年、名寄消費者協会理事。同60年同協会事務局長。平成4年に消費生活相談員の資格を取得し、同9年7月に名寄市消費者センターへ。足掛け27年間にわたり約4500件の消費者相談に応じ、消費者の立場で指導・問題解決に尽力。本年度いっぱいで定年退職を迎える。
 加藤市長は「これまで培ったノウハウを生かし、後進への指導をいただくとともに、さらなる安全安心な地域づくりのために指導願いたい」と栄誉をたたえた。

(写真=道社会貢献賞を受賞した菅原さんと加藤市長)

[ 2011-09-17-19:00 ]


バイクドリル演技も
23日名寄自学で一日開放

 【名寄】名寄自動車学校(和田敏明管理者)の「一日学校開放」が23日、同学校で行われる。当日は教習車の体験試乗や青空交通安全教室をはじめ、自衛隊員によるバイクドリルなどのアトラクションも繰り広げられる。
 秋の全国交通安全運動(21日〜30日)に合わせて企画された学校開放事業。日程は、午前9時から青空交通安全教室で「エコカーと交通安全」をテーマに、走行音が静かな電気自動車や電動バイクとの接触事故防止を学ぶ。10時から陸上自衛隊名寄駐屯地第2偵察隊員によるバイクドリル。同時に同隊の東日本大震災救援活動パネル展、ビデオ上映も行われる。また、教習車(オートマチック、マニュアル)の体験試乗をはじめ、なよろ市立天文台協力による観望会、飲食コーナー、フリーマーケット、トラクター遊覧、子供向けゲーム、スーパーボールすくいやヨーヨー釣りの縁日なども設けられ、名寄自学では多くの来場を呼び掛けている。

[ 2011-09-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.