地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年9月16

風連庁舎でアスベスト検出
名寄市議会・加藤市長が発言求め明らかに

 【名寄】第3回名寄市議会定例会は、15日午後から川口京二議員(市政クラブ)と川村幸栄議員(共産)が一般質問を行い、理事者の考えをただした。また、一般質問終了後に加藤剛士市長が発言を求め、市役所風連庁舎地下にある機械室からアスベストが検出されたことを報告した。同庁舎の改修工事業者から14日に報告を受けたとのことで、現段階では人的被害がないとし、「市内にある413カ所の全公共施設を対象に再調査する」として理解を求めた。

[ 2011-09-16-19:00 ]


高齢者の遠出事故多発
名寄署管内でも発生・同乗者も運転手に気遣いを

 【名寄・下川】道内では、高齢者の遠出中の死亡交通事故が多発。死者はなかったが、下川町内でも名寄市に向かっていた網走管内滝上町の住民が運転する乗用車が、路外に転落する事故が発生しており、名寄警察署ではスピードダウンや運転に集中すること、早めの休憩など注意を喚起している。
 最近の死亡事故は、5日に富良野市、6日に湧別町、9日に釧路管内厚岸町で発生。5日は芦別市のパークゴルフ大会に向かっていた帯広市居住の運転者と同乗者2人の計3人。6日は紋別市に向かっていた北見市居住の同乗者1人。9日は釧路市に向かっていた根室市居住の運転者と同乗者1人の計2人が死亡している。

[ 2011-09-16-19:00 ]


24年度も名寄市が管理
風連コミュニティ施設・使用料は新体系での見込み

 【名寄】名寄市は、風連地区にあるコミュニティ施設の維持管理で、風連地区地域振興議会に諮問している。一定の方向性が示されるのは24年度の予定。このため24年度も市が管理を行い、使用料は本年度、年間券を利用できるが24年度は現在、名寄市議会で審議中の使用料の見直しに基づいた料金で使うことになりそうだ。
 対象となるコミュニティ施設は西風連、日進、東風連など農村部にある施設と市街地の西町にある施設。市は電気代や除雪費などを負担し、23年度の当初予算で1294万7000円を計上している。22年度予算より169万9000円の増となったが、これは西風連コミュニティ施設の外構工事を行うことに伴う増。

[ 2011-09-16-19:00 ]


第4火曜は「シカの日」
名寄・キャラバン隊が普及促進活動

 【名寄】エゾシカ肉PRキャラバン「エゾシカ肉ひろめ隊」が、道内商工会議所のトップを切って14日に名寄商工会議所(木賀義晴会頭)を訪問。毎月第4火曜日の「シカの日」をPRしながら、料理提供店のパンフレットや料理レシピなどを配布し、普及促進と消費拡大を図った。
 道内では、エゾシカの生息数が増加し、農林業被害や交通事故も多発。そのため道では本年度、エゾシカ対策室を設置し、個体数管理のため捕獲対策を強化する一方、貴重な自然資源として有効活用する取り組みも推進している。
 そこで、エゾシカを食肉としての活用を一層促進しよう―と毎月第4火曜日を「シカの日」と設定。道内各地で定着させるため、主要都市でのPRイベントに加え、キャラバン隊による普及活動を展開している。
 この日がキャラバン初日で、「シカの日」運動推進事務局ディレクターの駒木根明生さんら4人が名寄商工会議所を訪れ、運動の趣旨を説明。黒田英二副会頭、今尚文専務理事にエゾシカ肉料理提供店のパンフレット、料理レシピをはじめ、エゾシカ肉のジャーキーなどを手渡し、PR活動への協力を呼び掛けていた。

(写真=商工会議所を訪れた「エゾシカ肉ひろめ隊」)

[ 2011-09-16-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.