地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年8月24

集客施設部分は白紙状態
名寄市議会経済建設常任委・駅横の西條整備で指摘

 【名寄】名寄市議会経済建設常任委員会(竹中憲之委員長)が、23日午後1時から開かれた。西條百貨店によるJR名寄駅横の事業展開について、委員が「市、西條、商工会議所の3者協定に基づいた速やかな事業展開が成されていない」と指摘。市は、西條が整備する商業施設で「9月ごろに着工し、12月にオープン予定」と説明。だが、市民の関心を最も集めている集客施設は「内容がまだ決まっていない」と答えてほぼ白紙状態にあるとし、3者連携による一体的な事業展開にほど遠い状況が浮き彫りとなった。

[ 2011-08-24-19:00 ]


金城さん宮の森で3位
下川商高・沖縄出身のジャンプ留学生

 【下川】沖縄出身で下川商業高校3年、金城芳樹さんが、このほど第29回札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会少年組で3位入賞。沖縄出身選手が全日本A級ジャンプ大会表彰台に上がるのは、初の快挙となった。
 金城さんは中学1年の冬から「沖縄で経験できないことをしたい」と、沖縄から札幌にある従兄弟の家へ。従兄弟が地元ジャンプ少年団に入っていたことがきっかけで自身もジャンプを始めた。中学卒業後、さらに腕を磨こうとジャンプが盛んな下川商業高校へ進学した。
 札幌市長杯宮の森サマージャンプでは、1本目80・5メートル、2本目86メートルのジャンプを記録し3位に入賞したが、高校生活で初の表彰台に「2本そろえていいジャンプができた。今後は飛び出しの正確さや空中でのバランスなど修正を図りながら、さらに記録を伸ばしたい」と喜びを語る。

(写真=札幌市長杯宮の森で3位入賞の金城芳樹さん)

[ 2011-08-24-19:00 ]


水害の恐ろしさを体験
名寄・天塩川上流水防学習会

 【名寄】天塩川上流水防学習会が24日、名寄南小学校(三栖雅之校長)を会場に開かれ、5年生62人が体験を通して水害の恐ろしさなどを知った。
 次代の水防を担う児童の水防や河川防災への関心を高めることを目的に、旭川開発建設部名寄河川事務所(船木博康所長)が天塩川流域市町村で、毎年開催している企画。本年度は同所と市、市教育委員会の主催で名寄南小と風連中央小(25日実施)の5年生を対象に実施した。
 旭川地方気象台の職員が、空気が雲や雨に変わる仕組みを説明。また、7段階の強さの雨と風が体験できる降雨体験装置に入って豪雨を体験したほか、水圧で扉の開閉が困難になることを通して地下浸水、天塩川と同じ流れなど3つの流速の中を歩く流水体験、土のう作りも体験。児童たちは貴重な体験を通して身近な川や雨も命にかかわる恐ろしいものに変化することがあることを知り、防災へ意識を高めた。

(写真=南小5年生が防災への知識を深めた学習会)

[ 2011-08-24-19:00 ]


旬の味覚を味わって
4日美深ふるさと秋まつり

 【美深】美深町観光協会(山崎晴一会長)主催の「第27回美深ふるさと秋まつり〜収穫感謝祭?味覚広場はおいしいよ」が9月4日、町民体育館横イベント広場で開かれる。
 実行委員会(山形重隆委員長)が主管する地場産品など旬の味覚を楽しむ恒例のイベント。今年も午前10時の花火の合図で開場。買い歩きコーナーで大福もちや牛肉、乳製品、農産物といった多彩な品目を取り揃えるほか、試食コーナーではイチゴワインやきな粉もち、イモ・カボチャ団子などを無料提供する。
 さらに、毎年人気を集めている「美深牛丸焼き〜美味しい肉モ〜やめられないこだわり深い牛の丸焼き」は、午前10時から購入券を販売。同11時から肉の引き渡しを行う。

[ 2011-08-24-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.