地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年8月3

品質、収量アップに期待
名寄・秋まき小麦の収穫終盤

 【名寄】名寄市内では、23年産秋まき小麦の収穫作業が終盤を迎えている。収穫期間中は好天に恵まれ、作業は順調に進行。智恵文地区では、既に収穫を終えたが、名寄・風連地区は今週いっぱいまで続く見込み。
 昨年は収穫時期に大雨に見舞われ、穂発芽も発生して品質が低下したが、今年は降雨が少なく、穂の乾燥も進んで品質、収量のアップに期待が高まっており、ほ場を走る機械の音も軽やかなものとなっている。また、作付け品種は高収量の「きたほなみ」に切り替わっており、農家ばかりではなく、関係者の寄せる期待は大きい。

(写真=全体で72ヘクタールを作付けの智恵文生産組合の収穫作業)

[ 2011-08-03-19:00 ]


8月に3まつり開催
加藤市長の記者懇談会・国内外訪問団との交流も

 【名寄】加藤剛士市長の定例記者懇談会が3日、市役所名寄庁舎で開かれた。8月は「なよろ産業まつり」をはじめ、「風連ふるさとまつり」や「きたすばる天文台星まつり」など各種イベントが開催されることから、加藤市長は「多くの人に参加して楽しんでもらいたい」と話している。
 また、12日から15日までの4日間、姉妹都市の山形県鶴岡市(旧藤島町)から、少年少女交流事業として野球少年団12人が来名。友好都市のロシア・サハリン州ドーリンスク市からも、提携20周年記念事業として、26日から30日までの5日間、訪問団25人が来名し、記念式典などを通して交流を深める。

[ 2011-08-03-19:00 ]


南相馬復興支援を兼ね
風連商工同友会のビールパーティー

 【名寄】風連町商工同友会(山田勝司会長)主催の第26回納涼ビールパーティーが1日、ふうれん地域交流センターで開かれ、ライブステージや抽選会で盛り上がるとともに、東日本大震災被災地の福島県南相馬市に義援金を贈呈した。
 パーティーには500人が参加。ライブステージではmoutaineer shefのakkoさんが登場し、ムードを盛り上げた後、山田会長が大勢の来場に感謝しながら挨拶。引き続き、パーティー収益金の一部10万円を南相馬市への義援金として、久保和幸副市長に寄託した。
 抽選会では、協賛商社や同友会本体、会員・OB事業所から多彩な賞品を提供。訪れた人たちは、抽選に当たって笑顔を浮かべるとともに、飲食をともにしながら仲間と打ち解けあい、会話を弾ませていた。

(写真=ライブや抽選会で盛り上がったビールパーティー)

[ 2011-08-03-19:00 ]


「次はもっと上を」
名寄東中1年北出さん・全道中体連柔道で3位

 【名寄】名寄東中学校1年の北出みくさんは、このほど北広島市総合体育館で開かれた第39回北海道中学校柔道大会(北海道中体連など主催)の個人戦で3位入賞した。
 全道大会には各総合振興局、札幌市内大会優勝者が出場。北出さんが出場の個人戦女子48キロ級には14人の精鋭が顔をそろえた。北出さんは、1回戦で押さえ込み、2回戦は体落としで1本の勝ちしたが、準決勝は相手に押さえ込まれて惜しくも敗退し、3位に。対戦相手は2〜3年生だった。
 今大会の結果を踏まえ「力が足りなかったのでトレーニングをしっかり行い、技を磨き上げたい。次はもっと上を目指している」と気持ちを切り替え、けいこに熱中。得意技は背負い投げとのこと。

(写真=「技を磨きたい」とけいこに熱中する北出さん)

[ 2011-08-03-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.