地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年7月26

駅横整備などで意見
名寄市議会報告会・福祉や医療充実要望も

 【名寄】名寄市議会(黒井徹議長)の議会報告会が、25日に市内4会場で開かれた。議会側が定例会や各常任委員会の審議状況、政務調査費の執行内容などを報告したほか、参加した住民からは、JR名寄駅横に整備する複合交通センター(仮称)をはじめ、地域課題や医療、福祉施策などで意見が出された。
 報告会は、21年度から施行した「名寄市議会基本条例」に基づいて開催。市民の意見や要望を反映させるとともに、議員の資質向上を目指す議会運営などを目的に、今年で3回目。
 今年は、20人の全議員が5人ずつの4班に分かれ、25日は市民文化センター、智恵文多目的研修センター、市民会館、東部地区集落センター。26日は総合福祉センター、17区福祉会館、東小学校、ふうれん地域交流センターで開催した。

(写真=文化センターの議会報告会)

[ 2011-07-26-19:00 ]


自分ができることしたい
ボーイスカウト名寄第1団・ベンチャー隊が被災地支援へ

 【名寄】ボーイスカウト名寄第1団ベンチャー隊員で、名寄高校1年の安保絵美莉さん、菊池高誌さん、枝幸高校1年の戸田哲暢さんが25日、市役所名寄庁舎の加藤剛士市長、小野浩一教育長を訪れ、東日本大震災被災地の岩手県に向け8月1日に出発。災害ボランティアとして支援に当ることを報告した。
 高校生以上で組織する同名寄第1団ベンチャー隊は、被災地を訪れての支援活動を4月から計画。現地までの旅費や食費などを自分たちで確保しよう―と、これまで「なよろアスパラまつり」「ふれあい広場2011なよろ」で、アスパラカレーやカボチャアイスなどを販売し、資金確保に努めてきた。しかし、いまだ資金不足で、31日に天塩川河川敷で開催される「てっしフェスティバル」でコロッケなどの販売を予定し、出発ぎりぎりまで金策に奔走する。
 加藤市長、小野教育長を訪れた安保さん、菊池さん、戸田さんの3人は、「自分ができることをやってきたい」「支援活動で多くの経験を得たい」などと抱負を語った。

(写真=加藤市長に出発報告を行った3人)

[ 2011-07-26-19:00 ]


新規就農者を激励
名寄で農業担い手交流会

 【名寄】23年度の名寄市農業担い手交流会が25日、ホテル藤花で開かれ、新規就農者を激励するとともに、若手後継者の講演を聞いた。
 同交流会は、名寄市や道北なよろ農協などで組織する名寄市農業担い手育成センター、名寄市農業振興対策協議会が主催。若手の農業担い手と新規就農予定者の農業経営、地域活動を発展させることを目的に、毎年開催している。
 交流会には農業関係機関、団体から70人が出席。23年度新規就農者で風連の伊藤貴美さん、筒井聖紀さん、北明拓哉さん、松下康広さん、川原久文さん、杉野敦さん、智恵文の岩崎雄太さん、山口渉さん、飯塚勝也さんの9人が中島道昭道北なよろ農協組合長から激励状を受け取るとともに、一人一人が「一日も早く仕事を覚えて、名寄の農業発展のために頑張りたい」「一生懸命努力して良い作物を育てられるよう、皆さんの力をお借りしたいので、よろしくお願いします」などと決意を語った。

(写真=中島組合長から激励状を受け取る新規就農者たち)

[ 2011-07-26-19:00 ]


仲間同士で助け合い
名寄・へっちゃLANDスタート

 【名寄】へっちゃLAND2011が、26日からトムテ文化の森キャンプ場を中心に開かれ、子供たちは野外生活を通して仲間と助け合いながら、さまざまな体験活動に取り組んでいる。
 教育委員会、小中学校校長会で組織する実行委員会が主催。今年で23回目を迎え、小学4〜5年生の17人が参加。期間は29日までの3泊4日。
 結団式で、小野浩一教育長は「新たな出会いを大切に友情の輪を広げ、楽しく充実した4日間を」と挨拶。参加者代表で大橋一毅君(豊西小5年)が「自然を満喫し、へっちゃら魂でやり抜くことを誓います」と宣誓。
 その後、役割分担を決め、食事準備(昼食はホットサンド、夕食はカレー)、テント設営、班別交流を通して互いの顔を知った。

(写真=役割を決め昼食準備に励む子供たち)

[ 2011-07-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.