地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年7月21

総体的に生育は停滞したまま
名寄支所管内15日現在作況・高温推移だが日照不足

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所は、15日現在の農作物生育状況をまとめた。7月以降、気温は平年に比べ高めに推移しているものの、日照時間は不足しているため、総体的な生育は停滞している。ただ、水稲など一部作物では高温経過によって、生育回復の兆しも見られている。
 同支所では「気温が高めに経過したことにで、生育が回復傾向にある作物もあるが、全体的には依然として停滞している。特にビートの生育回復は厳しいかもしれない。小麦は収穫時期が近づいており、大雨や長雨は避けたいところ」と話す。

[ 2011-07-21-19:00 ]


名寄川で水質を調査
旭川開発建設部と西小4年

 【名寄】旭川開発建設部は名寄西小学校(染木圭男校長)の4年生50人と、20日に名寄川日進橋上流左岸で簡易水質調査を行った。
 国土交通省は、河川愛護や水質保全に関心を持ってもらうことを目的に、昭和59年度から小中高校生や一般を対象に全国の主要河川で水生生物調査を実施している。本年度、市内では総合的な学習で名寄の自然をテーマに水や星、生き物、植物の研究に取り組んでいる同校4年生が協力。水温や流速、透明度、水素イオン濃度などのほか、水中に住む生物を採取、指標となる生物を調べることにより、名寄川の水質階級を判定した。
 児童たちは、カワゲラやヘビトンボ、ヒラタカゲロウ、ヤマメなどきれいな川に生息する虫や魚を採取することができ、名寄川がきれいな川であることを知った。

(写真=西小4年生50人が参加して行った水質調査)

[ 2011-07-21-19:00 ]


10月に匂い袋製作
名寄・東小でラベンダー摘み

 【名寄】名寄東小学校(金子謙治校長、児童163人)と同校コミュニティセンター(菅野孝運営委員長)は19日、校舎周辺の花壇でラベンダーの花穂摘みを行った。
 同センターでは、20年ほど前から同校周辺公園化構想を展開し、ハーブやラベンダーを植栽。東3条通りの植樹升にもラベンダーが植えられ、道行く人の目を楽しませている。また、ラベンダーを使った匂い袋の製作にも毎年取り組んでおり、この日は全校児童と同センター役員らが参加して、匂い袋に使うラベンダーの花穂摘みを行った。
 金子校長が挨拶した後、児童たちは縦割り班に分かれ、束ねやすいように長さを揃えながらラベンダーをはさみで摘み取った。摘み取ったラベンダーは乾燥させた後、10月に匂い袋を製作。学習発表会(学芸会)で配布することにしている。

(写真=ラベンダーの花穂を摘み取った東小児童)

[ 2011-07-21-19:00 ]


日帰りバスツアー招待
風連商工会がサマーセール

 【名寄】風連商工会、風連町商工業協同組合共催のサマーセールが、8月1日から22日まで行われる。今年も日帰りバスツアー招待の特典付きで楽しんでもらう。
 実施方法は、500円買い上げごとにポイントシール1枚を出し、ポイントシール5枚を専用の台紙に張り、応募してもらう。応募箱は、セール加盟店約20店の店頭に置く計画だ。
 バスツアーへ応募しない場合は、応募台紙1枚(2500円買い上げ相当)は、100円相当の商品券として、セール開始時の8月1日から9月30日まで利用できるようになっている。風連地区独自の企画によるセールで、地区内の消費者へサービスを還元するとともに、購買意欲拡大につなげていく。

[ 2011-07-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.