地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年6月24

テレビ不法投棄が増加
名寄市・地デジ完全移行の影響か

 【名寄】名寄市内でも、ごみの不法投棄が表面化している。23年度に入ってからはテレビの投棄が特に増加し、地デジ完全移行が影響しているものと思われる。名寄市でもパトロールや監視を行うととともに、予算ではリサイクル料負担を前年度より増額して対処しているが、こうした行為は本来、モラルの問題であり、根本的な解決は難しいのが現状となっている。
 名寄市では、不法投棄防止対策として、郊外部では日常のパトロールと並行しての監視活動、市街地は空き地所有者に対する草刈り要請などを行うとともに、悪質な事案は警察に通報。23年度はこれまでに産業廃棄物となる建設廃材の投棄1件を通報した。

[ 2011-06-24-19:00 ]


天候不順で入国者半減
トロッコ王国・今後、好天続くことを期待

 【美深】美深町仁宇布の観光スポット「トロッコ王国」は、これまでの天候不順、東日本大震災による旅行控えの影響を受け、入国者数が前年同期の約半数に落ち込んでいる。同王国では例年、7月下旬の夏休みスタート以降に客足が伸びることから、受付時間も延長することにしているが、スタッフたちはまずは好天が続くことを願っている。
 同王国は今シーズン、4月29日にオープンしたが、5月は曇りや雨の日が多く、気温の低い日も続いた。さらに東日本大震災が発生し、旅行を控える動きも影響。今月17日現在の入国者数は1275人で、前年同期に比べ1180人減少している。
 同王国では「特に関東方面からの来国が減っている。春の仁宇布は風が吹くと寒くなる気候で、トロッコ目当てに訪れた人は天候が悪くても乗車するが、たまたま立ち寄った人は乗らずに帰ってしまう人が多かった」と分析する。

[ 2011-06-24-19:00 ]


丹精込めた作品販売
美深高養でフラワーフェス

 【美深】美深高等養護学校(高橋勝利校長)の「フラワーフェスティバルwith夏の市」が23、24の両日、町内大通北1丁目のカリヨン駐車場で開かれ、多くの町民でにぎわった。
 生徒たちが、町民のために─と丹精込めて製作した作品を販売する恒例行事。
 今年は、生活園芸科が育てたマリーゴールド、ベゴニア、インパチェンスなど13品種約2000株(各日1000株)。生活窯業科は皿、小鉢など食器類を中心に20種類約200点(23日のみ)を販売。
 初日は小雨模様だったが、開店前から多くの町民が詰め掛けるなど盛況。生徒たちは元気良く接客にあたり、商品が次々と売れていく様子に笑顔を見せていた。

(写真=多くの町民でにぎわったフラワーフェス)

[ 2011-06-24-19:00 ]


記録更新を目指す
風連中央小で体力テスト

 【名寄】風連中央小学校(清水悟校長、児童147人)では、毎年恒例となっている体力テストを23日に実施。児童たちが各種目の記録更新を目指した。
 児童が自分の体力を知り、体力づくりへの意欲向上を図ること、教員が児童の体力を把握、傾向をつかむことで指導に役立てることを目的に毎年、全校児童を対象に実施している。
 測定種目は上体起こし、握力、長座体前屈、ボール投げ、50メートル走、たち幅跳び、シャトルラン、反復横跳びの8種目。縦割り8班に分かれローテーションで体育館やグラウンドなどで行った。
 児童たちは、去年よりも良い記録を残そうと熱心に各種目へ取り組んでいた。

(写真=全校児童が8種目を測定した中央小体力テスト)

[ 2011-06-24-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.