地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年6月17

長年の地道な努力に光
嶋多慶志さん、久光昭男さんに春の叙勲

 【名寄】23年春の叙勲が発表された。本紙管内からは、名寄市西5南8の前名寄市長、嶋多慶志さんが地方自治功労で旭日小綬章、名寄市風連町西町の元日本郵政公社職員、久光昭男さんが郵政業務功労で瑞宝単光章を受ける。共に長年にわたる地道な努力と功績がたたえられたもので、両氏とも受章の知らせに晴れやかな表情を見せている。なお、本年は東日本大震災の発生を受け、内閣府は叙勲や褒章などの表彰行事を延期していた。
 受章の知らせに嶋さんは、「身に余る光栄で、職員や市民、議会などの支えによって市長職務を任期まで全うできた。個人で受けたものではなく、皆さんと共にまちづくりの仕事に携われたことが受章に結び付いたと思っており、感謝の気持ちでいっぱい。しかし、東日本大震災で被災者が大変苦しい思いをしながら毎日を過ごしていることを考えると、喜びも半分」。久光さんは、「決して自分一人の力だけではなく、これまで郵政業務に携わってきた先輩や同僚のおかげで受けることができるものと感謝している」と語っている。

(写真=受章の知らせ受け喜び語る嶋さん(上)久光さん)

[ 2011-06-17-19:00 ]


当期純利益2億6500万円
北星信金通常総代会・厳しい環境の中でも実績残す

 【名寄】北星信用金庫(山川武志理事長)の第60期通常総代会が、17日にホテル藤花で開かれ、22年度の業務報告などを行った。決算では、業務純益が対前期比6億7600万円減の3億7600万円、当期純利益は対前期比2億3600万円減の2億6500万円を計上。利益減で同金庫は「市場金利の低下による貸出金利息収入の減少、有価証券利息収入の減少、有価証券の処分損などが影響したが、厳しい環境の中で、一定程度の数字を確保することができた」と説明している。
 22年度の決算概況をみると、預金は個人を中心に増加。同金庫では「地道なセールスにより、特に年金を受けているお客さまを中心に順調に増加した」と説明し、期末預金残高は前期比2・44%増の2233億4200万円。
 一方、貸出金については、地方公共団体向けの融資や住宅関連の融資が増加したが、償還分には追いつかず減少となり、期末貸出金残高は前期比1・66%減の825億円となった。

[ 2011-06-17-19:00 ]


サンピラー絵本出版
名寄・本田さんが加藤市長に紹介

 【名寄】道内出身の絵本作家、本田哲也さんが17日、市役所名寄庁舎を表敬訪問。サンピラー(太陽柱)を題材とした絵本「サンピラー お母さんとの約束」を30日に出版することとなり、加藤剛士市長に紹介した。
 本田さんは十勝管内清水町の生まれ。北海道の自然や動物を題材とした絵本を描き続けている。今回出版する「サンピラー お母さんとの約束」は、15年程前から親交のある名寄本読み聞かせ会の田村悦子さんの紹介で、サンピラー現象を撮り続けている秋元忠行さんとサンピラーを見たのがきっかけ。
 名寄庁舎には本田さん、秋元さん、田村さんが訪れ、本田さんは「サンピラーの圧倒的な魅力に引かれ、物語を思いついた。絵本を一緒に作りたいと話していた鹿児島県で開業医師をしている友人に文章構成を依頼した。市内でも販売していただき、子供たちに読んでもらい、身の回りにある自然の素晴らしさを知ってもらいたい」などと話した。

(写真=30日に出版する絵本を紹介する本田さん)

[ 2011-06-17-19:00 ]


交通安全活動に役立てて
名寄の竹山さん・手作りのダミーパトカー寄贈

 【名寄】名寄市大通南8のホテル経営、竹山利男さんが15日、交通安全活動に役立ててもらいたい―と、名寄地区交通安全協会連合会(定木孝市朗会長)に手作りの「赤色灯搭載ダミーパトカー」(移動式看板)を寄贈した。
 竹山さんはホテル経営の傍ら、同連合会代議員、名寄交通安全協会理事として、地域の交通安全活動に取り組んでいる。製作したダミーパトカーは、移動のためのキャスターに脚立を組み合わせ、これに建築用シートを張った板にパトカーの絵を描いたものをかぶせ、赤色灯を搭載したもの(夜光反射材付)。大きさは幅、高さともに180センチ。パトカーの絵は、竹山さんの知り合いで風連町の塗装業、青木仁司さんが描いた。
 このダミーパトカーから約30メートル離れた場所に、本物の速度取締装置に似せて作ったセンサーを設置。この前を車両が通過すると赤色灯が回転し、ドライバーに注意を促す仕組みとなっている。

(写真=竹山さんが製作した赤色灯搭載ダミーパトカー)

[ 2011-06-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.