地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年6月13

観光地の客足に影響も
高速無料化実験終了へ・札幌圏から入り込み減想定

 【名寄】高速道路料金の無料化社会実験、ETC搭載車両の土・日曜日・祝日上限1000円特別割引が、今月19日限りで終了する。名寄市内の観光施設では無料化効果によって入り込み客が増加していたが、本格的な観光シーズンを前に社会実験が終了し、関係者は客足が遠のくことを懸念している。
 土・日曜日・祝日上限1000円は21年4月から利便向上を目的にスタート。また、無料化社会実験は昨年6月から将来の完全無料化を前提として開始した。実験区間は、道内では道央自動車道の士別剣淵インターチェンジ(IC)〜岩見沢IC間など5区間を指定。例として士別剣淵IC〜札幌IC間の料金は、岩見沢IC〜札幌IC間の1000円を支払うだけで済んでいる。だが、政府は東日本大震災の復興費用捻出を理由に、無料化社会実験、土・日曜日・祝日上限1000円を中止することを決定。これによって料金の優遇サービスは、ETC搭載車両の通勤割引(午前6時〜9時と午後5時〜8時、50%割引)、深夜割引(午前0時〜4時、50%割引)などとなる。

[ 2011-06-13-19:00 ]


藤原教育長が退任
名寄市議会閉会・後任は旭川の小野氏を任命

 【名寄】第2回名寄市議会定例会が13日、市役所名寄庁舎で開かれた。追加議案の教育委員会委員任命では、任期途中の今月30日付で退任する教育長の藤原忠氏の後任人事で、旭川広陵中学校長の小野浩一氏を決めた。また、その他の追加議案も原案通り可決して閉会した。
 後任の小野氏は昭和51年に北海道教育大学旭川校を卒業後、上川管内の中学校教諭として勤務。さらに、上川をはじめ、網走層や檜山の各教育局などにも勤め、現在は旭川広陵中学校の校長。
 本会議では、教育委員会委員任命の追加議案を可決後、藤原教育長が「任期半ばだが、天文台のグランドオープン、名寄市街地公立学校統廃合検討委員会立ち上げのめどがついたため、後任に道を譲ることを決めた。平成10年から名寄市の教育行政に携わらせていただき感謝している」と退任挨拶をして長年の教育行政生活に別れを告げた。

[ 2011-06-13-19:00 ]


息合わせゴール目指す
美深・天塩川オープンカヌーレース

 【美深】美深アドベンチャー・プロジェクト・チーム(神野充布代表)主催の2011天塩川オープンカナディアンカヌーレースが11日、恵深橋カヌーポートをスタート地点に開かれ、各チームが息を合わせてこぎ、ゴールを目指した。
 地域の貴重な財産「天塩川」で、カヌー愛好者間の交流とカヌーの振興、アピールを目的としたカヌーシーズン到来を告げる大会で、今年が16回目。
 コースは恵深橋カヌーポートから美深橋までの予選5キロ、美深橋からびふかアイランドポートまで決勝11キロの全16キロで、初・中級者コース。
 地元美深をはじめ、札幌や岩見沢、帯広、旭川など道内各地から16艇32人が出場。出場者は、スタートの合図で勢い良くこぎ出し、岩盤地帯や瀬などの難所を見事なパドル操作でクリアしながら上位入賞を目指す一方、目の前に広がる美しい新緑の風景を眺め、カヌーツーリングを満喫した。

(写真=道内各地から16艇32人が出場したカヌーレース)

[ 2011-06-13-19:00 ]


農業体験通して交流
農婚塾in名寄・美深

 【名寄・美深】独身の農業青年と女性(道内在住)が集まった「農婚塾in名寄・美深」が12日に名寄市内で開かれ、トウモロコシ苗定植の農業体験などを通して交流を深めた。
 同事業は、株式会社農協観光旭川支店が企画したもので、名寄市と美深町の両農業委員会がバックアップして昨年から実施。農業後継者の配偶者対策として開催していた「北・北海道で農業をやってみるかいツアー」をリニューアルしたもので、女性に農業と地域への理解を深めてもらい、互いのパートナーと出会う場を提供することを目的としている。
 今年は、25歳から41歳までの農業後継者男性8人と、22歳から38歳までの独身女性7人が参加。1回目となった12日は、ふうれん地域交流センターでオリエンテーションと自己紹介の後、道立サンピラーパーク内に移動してピクニックランチ。午後からは、風連地区瑞生で農業を営む北明聖さん宅のほ場でトウモロコシ苗の定植体験。女性たちは農業青年の手を借りながら作業に汗を流すとともに、定植作業を楽しみながら農業に関心を深めていた。

(写真=トウモロコシ苗を定植した参加者たち)

[ 2011-06-13-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.