地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年6月10

新規参入研修場は困難
名寄市議会一般質問答弁・旧名農高施設活用を再検討

 【名寄】第2回名寄市議会定例会は9日、午後から高橋伸典議員(公明)と山田典幸議員(市政クラブ)が一般質問。山田議員の農業担い手対策の質問に、寺崎秀一経済部長は、名寄産業高校酪農科学科キャンパスとなっている旧名寄農業高校施設の活用を検討していると説明。この中では、新規農業参入者の研修活用を、施設所有者の道に要望したが、クリアしなければならない課題が多いとし、要望内容での活用が難しいとの回答があり、新たな方向性を模索すると答えた。
 高橋議員は、小中学校での「命を助ける授業」の推進、地球温暖化対策のための二酸化炭素削減取り組みやLED街路灯化の推進、名寄地区徳田18線の道路安全対策、スポーツセンタートレーニングルームの改善などで質問。
 鈴木邦輝教育部長は、AEDを活用した「命を助ける授業」の取り組みとして、保健体育授業の中で危険を避けるための工夫など自分の「命は自分で守る教育」を進めていることに加え、消防署などと連携してAEDの操作方法や心肺そ生法、止血方法などの指導にも取り組んでおり、今後も継続するとした。 

[ 2011-06-10-19:00 ]


潜在的地域資源を調査
佐藤さん・未来研で下川の将来像設計

 【下川】下川町民や専門家など有志約10人が、このほど持続可能な地域社会を目指して「NPOしもかわ森林未来研究所」(金子一志理事長)を設立。元北海道大学研究員、佐藤寿樹さん=下川町上名寄=が、4月から同研究所の専属職員として、下川の将来像設計に取り組んでいる。
 同研究所は一次産業を主体に、地域に潜在している資源の調査、持続的社会の提言、住民と学問・研究の橋渡しなどを行う地域密着型の研究機関。町民会館2階に事務所を設け、NPO法人化を目指して準備を進めている。
 下川町の緊急雇用創出推進事業「森林共生型社会資源活用委託業務」の委託を受けて職員を募集し、佐藤さんを採用した。現在は同研究所で地域資源の掘り起こし調査、町民との意見交換の場を設けながら、地域全体の将来像設計に取り組んでいる。今後、環境ツアーや一次産業の担い手育成なども検討している。

(写真=下川森林未来研究所に従事する佐藤さん)

[ 2011-06-10-19:00 ]


移住PR推進や母親支援
名寄市総計後期計画策定で・加藤市長との意見懇談会

 【名寄】名寄市総合計画後期計画(24年度〜28年度)策定に伴う加藤剛士市長との意見懇談会が9日、市役所名寄庁舎で開かれた。懇談会には名寄市への転入者や福祉関係者が出席。移住希望者へのPRや情報提供の推進、中心商店街のにぎわいづくり、子育てなどに関する母親への相談支援、障がい者雇用など、それぞれの立場から意見や要望が出された。
 意見懇談会では、今年2月から3月にかけて実施した市民アンケート結果概要を説明。 意見懇談で、移住者からは「都市部などへ、移住促進に向けたPRを積極的に展開するべき」「名寄に移住してきて、実際にどのような生活環境となるのかなど視点を変えたPRを」などのほか、中心商店街の振興を望む意見が出された。
 福祉関係者からは、「子供の遊び場として、街区公園の草刈りを徹底して」「子育てなどで悩みを抱える母親支援のため、専門的知識を有するアドバイザーの配置を」などのほか、子供たちと名寄市立大学生との交流促進、障がい者の就労促進や低賃金に対する市の取り組みなどの意見や要望が出された。

(写真=転入者や福祉関係者が出席した意見懇談会)

[ 2011-06-10-19:00 ]


民間からも名寄をPR
名寄市民営業戦略係・「星守る犬」公開で絵はがき作製

 【名寄】市民有志で組織する「名寄市民営業戦略係」は、映画「星守る犬」にちなんだ絵はがきを作製。この絵はがきは、14日からをめどとして、第一電気館での映画「星守る犬」の鑑賞者やなよろ市立天文台「きたすばる」、市北国博物館などの施設利用者にプレゼントする計画。同戦略係では「絵はがきを、親、きょうだい、友人など大切な人に送ってもらいたい」と話し、映画や名寄のPRに結びつける考え。
 同戦略係は、民間組織からも名寄のPRと地域振興につながる取り組みをしようと市民有志で組織。全国に名寄を発信しようと今回、絵はがきの作製に着手。作製した絵はがきは2枚で、映画「星守る犬」のPR用に市が作製し全戸配布した(今年4月)ポストカードと同様の写真を使用。1枚は、道立サンピラーパーク内に建設された住宅がメーンとなった写真。もう1枚は、咲き誇るヒマワリ畑の写真。
 同戦略係では「既に第一電気館で、星守る犬の映画を見たという人にも絵はがきをプレゼントするので、第一電気館を訪れてほしい」と話している。

(写真=地元のPRにと作製の絵はがき)

[ 2011-06-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.