地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年5月30

子供の加入率は3割台
名寄市子育連・22年度安全会への申し込み

 【名寄】名寄市教育委員会によると、22年度の市内の小中学生が、子供会に加入している割合は3割台にとどまった。名寄市子ども会育成連合会による全国子ども安全会への加入申し込みから調べたもので、申込書は市内の各育成会に配布。だが22年度で提出したのは、58%の育成会で今後、23年度分の全国子ども安全会への加入を呼び掛けていくが、ここからも子供会活動の停滞傾向は続いていることをうかがわせている。
 市教育委員会によると、安全会への加入申請書や関係書類を送付している子供会育成会は、名寄地区46、風連地区11の合わせて57地区。これに対し、加入申し込みがあったのは33地区で、送付したうちの58%と、約半数にとどまっている状況だ。

[ 2011-05-30-19:00 ]


立派に育つよう願い
名寄・サンピラーパークで植樹

 【名寄】道立サンピラーパーク指定管理者の名寄振興公社(田畑忠行代表取締役社長)は、緑豊かな公園づくりを目指して、29日に同パーク内で苗木の植樹を行った。
 同社の植樹は、平成21年から毎年継続しているもので、北海道電力(株)名寄営業所が、自然環境保全活動と地域貢献活動の一環として共催している。
 今年も、ボーイスカウト隊やカブスカウト隊、公園運営のサポートを行っているパークサポート倶楽部所属の市民など約90人が参加した。
 苗木は北海道電力(株)名寄営業所から提供されたもので、シラカバやドロノキ、ハルニレ、イタヤカエデ、ミヤマハンノキ、ミズナラなど6種類100本を用意。参加者は、去年、おととしに植樹し育った木を眺めながら熱心に作業し、今年植樹した苗木も大きく立派に育つように―と願いを込めていた。

(写真=6種類100株の苗木を植えた植樹の参加者)

[ 2011-05-30-19:00 ]


万歩計レースなど多彩
下中体育祭で熱い競技展開

 【下川】下川中学校(千葉修校長、弓野華緒生徒会長、生徒77人)の第65回体育祭が29日、同校グラウンドで開かれた。
 今年の体育祭のテーマは「三つ巴〜下川盛熱大陸〜」。生徒たちが3チームに分かれ、肌寒い曇り空の下、熱い戦いを展開した。今回は新たにチーム対抗の応援合戦、MIZU注入リレー、ふりふりレースが行われ、会場をにぎわせた。
 「MIZU注入リレー」では、水を空の容器に入れて運び、おけの中に一定量まで入れる早さを競った。「ふりふりレース」は頭、手、足に万歩計を付けて2人3脚で走り、次の走者に万歩計を渡しながらゴールを目指した。ゴールまでのタイムだけでなく、万歩計の歩数が得点に加算されるため、必死になって手足を振りながら歩数をかせいでいた。
 ほかに恒例の学年対抗長縄跳び、全員リレーや借り物競争、綱引き、宇宙遊泳など多彩に行われ、さわやかな汗を流していた。

(写真=多彩な競技で盛り上がった体育祭)

[ 2011-05-30-19:00 ]


伊藤さんがゲスト出演
8日に赤木りえ北海道ツアー

 【名寄】名寄アマチュアバンド協議会主催の「赤木りえカルテット・アコースティックライン北海道ツアー2011」が、8日午後6時半からなよろ市立天文台「きたすばる」で開かれる。開場は同6時から。
 出演は、カリブ海と日本を拠点に活動するカリビアンフルートの第一人者の赤木りえさんをはじめ、国内で活躍しているギタリストの宮野弘紀さんと折原寿一さん、カホン奏者の佐藤裕一さん。さらに、宮野さんの妻で、世界的なミュージシャンとのライブなどを開催しているボーカリストの伊藤ノリコさんがゲスト出演。
 入場料は前売り大人3000円、高校生以下2000円。当日券は500円プラス。また、入場料に天文台入館料が含まれているため、きたすばる年間パスポート持参または、入館無料者は400円キャッシュバックする。問い合わせは、同天文台へ。

[ 2011-05-30-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.