地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年5月26

読谷村に大差で勝利
名寄市のチャレンジデー・参加率は56%と低調

 【名寄】運動やスポーツの参加率を自治体間で競う「チャレンジデー2011」が25日に行われた。今年の名寄市の参加率は56・9%で、目標の64%にはとどかなかったが、対戦相手の沖縄県読谷村が36・2%だったことから20・7ポイントの大差で勝利。3年連続の白星に伴って通算成績は10勝8敗となった。
 チャレンジデーに伴って開かれている各種スポーツイベントの中で中心となっているのが、毎年、子供から大人まで多くの市民が参加している市民綱引き大会。同日午後4時からスポーツセンターで開催され、小学低学年29チーム、小学高学年38チーム、一般41チームの各部合わせて108チームがエントリーした。試合は小学生の部から行われ、両チームが1本のロープを握って対峙(たいじ)し、審判の合図とともに競技スタート。各チームとも、息を合わせながら力強くロープを引き合い、白熱した試合を繰り広げていた。

(写真=各チームが熱戦を展開した市民綱引き大会)

[ 2011-05-26-19:00 ]


6月に市民委員会設置
名寄市議会経済建設委・市が観光振興計画策定で説明

 【名寄】名寄市議会経済建設常任委員会(竹中憲之委員長)が25日、市役所風連庁舎で開かれた。観光資源などを幅広い分野で生かしながら名寄市全体のまちづくりに結び付けるための「観光振興計画」(仮称)策定で、市は「市民委員会を立ち上げ、23年度中に計画案をまとめ、24年度からスタートさせる」などと説明した。
 同委員会で市は、観光振興計画の策定で、各部の代表職員で構成する庁内検討委員会(委員13人程度)を組織するとともに、一般市民をはじめ、商業や農業など幅広い分野の声を反映させるため、委員10人程度の市民委員会を立ち上げると説明。
 1カ月2回程度のペースで委員会を開いて協議。「本年度中に、24年度から33年度までの10年間の計画を策定する。また、本年度策定する総合計画後期計画との整合性を図るとともに、第1次総合計画が終了する28年度をめどに振興計画内容の見直しを行う」と話した。

[ 2011-05-26-19:00 ]


楽しみながら能力磨く
美深スポーツクラブキッズ

 【美深】第1回びふかスポーツクラブKidsが24日、町民体育館で開かれ、子供たちが各種運動プログラムに取り組んだ。
 同クラブ(中林佳昭会長)の主催。小学生の運動能力向上を図るため、平成18年10月からスタート。現在120人が会員登録しており、ゲーム要素を取り入れた独自プログラムを通し、子供たちの能力を掘り起こしている。
 本年度初回は、約70人が参加。 ウオーミングアップに続き、鬼ごっこ方式で尻尾(ひも)を取る「しっぽ取り」、手足でボールを操る「プレイボール」、引いた札の指示に従う「Nest Obey」など持久力や平衡性、巧緻性などを鍛える6種目に挑戦。
 子供たちは、仲間と協力しながらプログラムをこなしていったが、指導者や友達と交流を深めるなど、笑顔を見せながら心地良い汗を流していた。

(写真=仲間と協力しながら各種プログラムに挑む子供たち)

[ 2011-05-26-19:00 ]


試験用の水田を活用し
名寄小4年児童が田植え体験

 【名寄】名寄小学校4年生児童による田植え体験が26日、名寄土管製作所(松前司社長)構内の水田で行われ、児童46人は泥だらけになりながら作業に当たり、食物づくりの喜びや苦労を味わった。
 同製作所では、暗きょ排水用の水甲管の試験用にと昨年、構内に水田(220平方メートル)を整備。松前社長は「せっかくの水田。子供たちに田植えや収穫を体験してもらいたい」と、母校でもある名寄小学校に提案したところ、総合学習の一環で、米作りに取り組むこととなった。
 苗は名寄市議会副議長の佐藤勝さんの提供で、「はくちょうもち」約1万株を用意。水田整備を手掛けた北海道クボタ風連営業所の山下勝司さんから苗の植え方などの説明を聞いた後、田植え作業を開始。泥に足を取られバランスを崩したり、突然、顔を出した虫に驚かされたりする場面も見られたが、児童は泥だらけになりながら青々とした苗一本一本を丁寧に植え、豊作の秋が迎えられるよう願いを込めていた。

(写真=名寄土管製作所構内の水田で苗を植えた児童)

[ 2011-05-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.