地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年5月18

見る人の心を和ませ
名寄でもサクラが咲く

 ○…道北では5月に入ってからも肌寒い日が続いていたが、このところやっと日中の気温も上がり、ようやく春の訪れを感じさせる陽気となっている。この陽気に誘われるかのようにサクラ前線も北上を続け、名寄市内でも淡いピンク色のエゾヤマザクラが咲き、見る人の心を和ませている。
 ○…市街地からほど近い名寄公園内のサクラは、枝の先に小さなつぼみを蓄え、春の日差しをじっと待ちわびていたが、「いよいよ出番」とばかりに、見事な淡いピンク色の花を咲かせている。
 ○…子供たちの歓声や水のせせらぎ、小鳥のさえずりなどが聞こえる心癒される空間の中で、サクラはほのかに甘い香りを漂わせながら風に体を揺らしている。数日中に満開となり見ごろを向かえる模様で、今後、花見客らでにぎわいが予想される。

(写真=春の陽気に誘われ開花したサクラ=名寄公園=)

[ 2011-05-18-19:00 ]


岩手の障害者施設へ
美深福祉会・被災地支援で職員を派遣

 【美深】美深福祉会(岩木実理事長)は、東日本大震災被災地への応援派遣で、津波被害を受けた岩手県山田町の障害者支援施設に職員2人を派遣。その出発式が17日に同福祉会で行われ、職員たちが震災復興の一歩へ決意を語った。
 今回の派遣は、北海道との東日本大震災応援職員の派遣協定によるもので、派遣場所は岩手県山田町の障害者支援施設「はまなす学園」、期間は18日から25日までの8日間。派遣される職員は美深福祉会看護師の萩野裕子さん、支援員の山本ゆかりさん。
 出発式で岩木理事長は「美深福祉会の代表、町民の代表として被災地の皆さんが元気になり、心の癒しとなれるよう頑張ってほしい」と激励した。引き続き、萩野さんが「一生懸命頑張って少しでも力になりたい」、山本さんは「被災地の皆さんのために何でも努力したい」と被災地支援に向け決意を語った。

(写真=岩手に派遣される萩野さん(左)、山本さん)

[ 2011-05-18-19:00 ]


試写会で盛り上がる
名寄で高橋歩さんライブ

 【名寄】旅作家の高橋歩さんトークライブが17日、名寄第一電気館で開かれた。後半は、名寄市在住の滝沢孝師さんと高橋さんら仲間とのアメリカ大陸横断の旅を追ったロードムービー「DON,T STOP!」(小橋賢児監督)の先行試写会で盛り上がった。
 会場は幅広い年齢層の来場者で満員。高橋さんは現在、宮城県石巻市などで、仲間とともに被災者への支援を展開しており、ライブでは支援活動の様子や世界一周の旅の様子など写真を交えて紹介。滝沢さんらとの旅を振り返った高橋さんは「自分の中の常識が旅をする中で壊れ、本当に大切なものだけが残った。今回の旅は、人生の中でも強烈な体験だった」と語った。
 試写会では、ルート66をバイクで疾走する様子や仲間で協力し旅を続ける様子など、笑いあり、涙ありのロードムービーを観賞。出演者の舞台挨拶などで盛り上がった。

(写真=多くの来場者が楽しんだ高橋歩さんトークライブ)

[ 2011-05-18-19:00 ]


楽しみながら体動かす
名寄で親子ふれあい体操講座

 【名寄】家庭教育支援講座「親子ふれあい体操」が17日、ほっと21を会場に開かれた。
 子供の健やかな成長に必要な適切な運動という基本的な生活習慣の育成支援を目的に、名寄市公民館と名寄市地域子育て支援センターとの共催で開催。
 講師は棚橋亨上川教育局社会教育主事で、就学前の乳幼児ら親子16組が参加した。棚橋さんは「近年の子供の体力は著しく低下しています。子供の成長のためには体力が必要です」などと話した後、親子が触れ合い、コミュニケーションを図りながら遊びを通してできる体操を指導した。
 会場には元気いっぱいの子供たちの笑顔があふれ、楽しみながら体を動かしていた。

(写真=親子16組が参加したふれあい体操の講座)

[ 2011-05-18-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.