地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年4月25

20人に当選証書付与
名寄市議会議員・市民代表の活躍を期待

 【名寄】名寄市議会議員選挙の当選証書付与式が25日、市役所名寄庁舎で行われた。同選挙で少数激戦を勝ち抜いた20人は当選証書を手に、これからの名寄市づくりにかかわる議会活動に気持ちを引き締めた。
 2人オーバーとなった同選挙は17日告示、24日に投票が行われ、即日開票の結果、現職17人、新人3人が当選した。
 付与式には当選者全員(代理人含む)が出席。名寄市選挙管理委員会の佐々木順秀委員長が当選者一人一人に当選証書を手渡し、「市民の声なき声を少しでも多く聞き、市民の代表として活躍することを期待している」。来賓の加藤剛士市長が「まちづくりに対する議員の役割はより一層高まっていることから、リーダーシップを発揮して市民の負託に応えたまちづくりを期待しています」と挨拶した。

(写真=佐々木委員長から当選証書を受ける当選者)

[ 2011-04-25-19:00 ]


全員が決意新たに
下川町選挙で当選証書付与

 【下川】下川町長、町議選挙の当選証書付与式が25日、町役場で開かれ、町長選で当選した安斎保氏(73)、町議当選者8人が、藤原忠義町選挙管理委員長から当選証書を受け取った。
 藤原委員長が当選者全員に当選証書を渡した後、「当選おめでとう。下川では無投票となったが、今後、厳しい地方財政の中、効果的な行政運営に活躍されることを期待している」と述べた。
 今回の町長選、町議選は無風となり、有権者に選ぶ権利を与えることなく幕を閉じた。4期目の町長当選を決めた安斎氏は「町民の声を聞きながら、特色ある地域産業振興、高齢者が住み続けることができるまち、安心して子育てができるまちづくりに努めたい」と思いを語っている。

(写真=証書を受け取る町議選挙当選者)

[ 2011-04-25-19:00 ]


警報器設置に理解を
名寄・火災予防運動で消防PR

 【名寄】春の全道火災予防運動(20日〜30日)にちなみ、名寄消防署(牧村昭信署長)による住宅用火災警報器設置PR活動が23日、西條名寄店1階催事場で行われ、来店者に警報器の早期設置を呼び掛けた。
 PR活動には、同署予防課職員、名寄消防団女性団員合わせて8人が参加。「住宅用火災警報器は設置しましたか?」と来店者に呼び掛けながら、警報器設置のPRチラシや防火のポイントが記されたパンフレット、タオル、ポケットティッシュなどを手渡し、早期設置に理解を求めた。
 このほか、会場では警報器設置の啓発ビデオ上映や警報器のパネル展示も実施。来店者が署員の説明に熱心に耳を傾ける様子が見られた。

(写真=警報器設置を呼び掛けたPR活動)

[ 2011-04-25-19:00 ]


伸びやかな歌声披露
名寄・全道民謡決勝大会予選

 【名寄】23年度北海道知事旗争奪全道民謡決勝大会予選・第33回幼少年・第12回寿年者・第19回熟年者道北地区民謡大会が24日、市民会館で開かれた。
 北海道民謡連盟道北地区民謡連合会(佐藤孝行会長)が主催で開催。各部門に合計72人がエントリー。審査の結果、幼年の部(幼児〜小学4年)と少年少女の部(小学5年〜中学3年)から2人、熟年の部(66〜73歳)から2人、寿年の部(74歳以上)から2人の6人が8月に滝川市で開かれる全道民謡決勝大会へ進出。
 道北地区連伴奏部の開幕演奏「秋田節」「鱈釣り節」で始まり、少年少女の部では楽山翔也君(美深民謡会)が「石狩川流れ節」、稲川美彩さん(桂章会)は「保線音頭」を披露するなど、出演者が伸びやかな歌声を響かせた。

(写真=72人がエントリーした全道民謡決勝大会予選)

[ 2011-04-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.