地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年4月21

野菜直売などが好評
道の駅なよろ・22年度は延べ約42万人来客

 【名寄】道の駅もち米の里☆なよろの22年度来客数は、前年度を約2万人上回った。昨年6月から実施された高速道路の無料化による効果で来客数が増加した。さらに地場産の新鮮野菜を購入できる農産物直売コーナーは、地元消費者に支持され、来客数の増につながった。ただ、今年3月に東日本大震災が発生し、自粛ムードが広がっていることなどから、来客数が落ちる傾向にあるとみている。

[ 2011-04-21-19:00 ]


票の流れは不透明
美深町議選・公約など熱く訴えるが…

 【美深】美深町議会議員選挙は、24日の投票日に向け、選挙戦が繰り広げられている。定数11議席に対し12人が立候補し、1人オーバーの構図。選挙戦は平成11年以来12年ぶりで、候補者たちは公約などを熱く訴える一方、町民はそれに耳を傾けている。ただ、12年間も選挙がなく、その間に有権者数は減少。組織票の規模や票の流れは不透明で、候補者にとって当選ラインの票読みは困難な状況だ。
 有権者数は基準日の18日時点で4295人。投票率を90%と仮定して投票者数を算出し、候補者数の12で割ると平均得票数は322票。最多得票がどの程度になるか未知数なため当選ラインも判明せず、まさに「ふたを開けてみないと分からない」という情勢となっている。

[ 2011-04-21-19:00 ]


親子の憩いの場として
道立サンピラー交流館・23日から夏仕様

 【名寄】道立サンピラー交流館では、小さな子供たちの遊びのスペースや軽スポーツを楽しむことができる設備を備えた多目的ホールが23日午前9時にオープンする。ふわふわドームなどの屋外遊具施設は29日からの利用開始を予定し、サンピラーパークを管理している名寄振興公社では、本年度も多くの地域住民の来園に期待を込めている。
 多目的ホールには、ボールプールやブロックなどの遊具が設置されるほか、バドミントンや卓球、ソフトバレー、フロアカーリングといった軽スポーツも楽しむことができ、親子の憩いの場として、にぎわいが予想される。

[2011-04-21-19:00 ]


左右の確認徹底を
下川小学校で自転車の乗り方学ぶ

 【下川】下川小学校(古木勉三校長、162人)の青空自転車教室が20日、校舎を一巡する特設コースで行われた。
 毎年、雪解け後に交通安全意識高揚や安全な自転車の乗り方を学ぶために開催している教室で、同校では片道2キロ以上の通学距離で、3年生以上の児童は自転車で通学できるようになっており、日常の自転車利用と合わせての安全対策。
 ラインが引かれて道路に見立てられた学校敷地内のコースを自転車に乗って出発し、交差点、横断歩道など各コーナーで「乗る前、発進前は左右を見て」など注意を受けながら、正しい自転車の乗り方を学んでいた。

(写真=自転車の正しい乗り方を学んだ児童たち)

[ 2011-04-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.