地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年4月2

23年度は加工施設整備
名寄食肉加工セン・現行施設は、と畜場に改修へ

 【名寄】名寄市は、四年度で市内日進にある名寄市食肉加工センターの改修工事を行う。国の農村漁村活性化プロジェクト支援交付金を活用し、農畜産物処理加工施設を建設するとともに、24年度には現在の加工場を改修し「と畜場」として活用。総体の事業費抑制を図る。
 現在の食肉加工センターは、市所有の「と畜場」とニチロ畜産所有の食品加工場が設けられている。市の「と畜場」は、昭和41年に建設されたもので、老朽化が進み、建て替えが大きな課題となっていた。また、「と畜場」は旭川以北で名寄市に設置されているだけで市外からも牛が運び込まれ、年間で1万頭の処理が行われており、畜産振興の意味からも新たな施設整備が求められていた。

[ 2011-04-02-19:00 ]


町長のメッセージ送信
美深町光ファイバー開通式

 【美深】美深町の光ファイバー開通式が1日、町役場で行われ、山口信夫町長が運用開始と合わせ、自身の動画メッセージを送信した。
 町では、「地域情報通信基盤整備事業」として21、22年度の2カ年で光ファイバー通信網を整備。事業費は12億8463万円で、国の「地域情報通信基盤整備推進交付金」「公共投資臨時交付金」を充当した。
 開通式には職員約80人が立ち会い、山口町長が「光ファイバーが開通となりました。この端末機を通して防災や暮らしの情報を提供し、安全安心な住み良いまちづくりに役立てていきます」と自身の動画メッセージを送信。その直後、防災情報端末機の画面に「光ファイバー開通のお知らせ」と表示され、山口町長の表情が映し出された。町では随時、光ファイバー通信を通して暮らし、イベントの情報などを配信することにしている。

(写真=自身の動画メッセージを送信する山口町長)

[ 2011-04-02-19:00 ]


83人が農業技術学ぶ
道北なよろ農協・外国人実習生の受け入れ式

 【名寄】道北なよろ農協(中島道昭組合長)の23年度外国人技能実習生受け入れ式が31日、智恵文多目的研修センターで行われた。
 同農協では毎年、技能研修性の受け入れを行なっており、今年は中国の吉林省、遼寧省から83人が来名。日本の習慣やマナーなどを習得後、各農家(受け入れ農家54戸)で畑作・野菜7カ月、酪農1、2年の実習に励む。
 式には、実習生や各農家など約200人が出席。中島組合長が「研修に当たり、受け入れ農家のお父さん、お母さんの話を良く聞いて仕事をし、中国で研修成果が生かせるよう頑張ってほしい」と挨拶。
 実習生を代表し、ヤンシュウシュアン団長が「農業技術を中国へ持ち帰り、農業の繁栄に努めたい」などと決意を述べた。

(写真=技能実習生の来名を歓迎した受け入れ式)

[ 2011-04-02-19:00 ]


本番に向け練習に熱
「夢コン」全国大会・鶴野ピアノ教室の4人

 【名寄】市内西12南1の鶴野ピアノ教室(鶴野敬似子主宰)でレッスンを受けている4人が、フリューゲル・ピアノ・コンチェルト・フェスティバル「夢コン」のシンフォニエッタ・コンチェルト部門で全国大会への出場切符を手にし、本番へ向けてレッスンにも熱が入っている。
 同コンクールはオーケストラとの演奏が特徴。シンフォニエッタ・コンチェルト部門の全国大会は5月8日に大阪府羽曳野市の「はびきのホール」で開かれる。
 同教室から出場するのは野口未優さん、野口優奈さん、下田彩佳さん、八十嶋みのりさんで、4人とも週1回1時間のレッスンを受けている。
 鶴野さんは「オーケストラと演奏できる機会はあまりないので、楽しんで弾いてほしい」と励ましている。

(写真=夢コン全国大会に出場する鶴野ピアノ教室の4人)

[ 2011-04-02-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.