地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年2月25

接種率は1カ月で46%
名寄市の子宮頸がんワクチン助成

 【名寄】名寄市は、中学1年から高校1年までの年代の女子を対象とした「子宮頸がんワクチン」など接種費用の全額助成を、今年1月から(24年3月末まで)実施している。市保健センターによると、1月末までの1カ月間の子宮頸がんワクチン接種率は、当初見込みを大きく上回る46・60%となった。同センターでは「わずかな周知期間の中で、いかに理解して受けてもらうかが課題だったが、学校での声掛けなどの協力により、1カ月で対象者の約半数が既に受けている状況」とし、接種は順調に進んでいる様子だ。

[ 2011-02-25-19:00 ]


名称は「なよろの水」
名寄の水道水商品化・ヒマワリをラベルにPR

 【名寄】名寄市は、名寄の安全でおいしい水道水を観光資源と位置付け、ボトルウオーターとして商品化することとしており、名称とラベルデザインを決めた。一般募集の作品を選考した結果、名称は「なよろの水」。ラベルデザインはヒマワリの写真をメーンにしたものとし、4月から各種イベントで配布するほか、市内小売店などでも販売を計画して名寄をPRする。
 水道水商品化は、国などによる「健康のため水を飲もう推進運動」の一環で、道内でも6自治体が実施。名寄市でも、天塩山系を水源とした安全でおいしい水を、観光資源と位置付けて売り出すことを目的として、商品化する。

(写真=4月から商品化する「なよろの水」のラベルデザイン)

[ 2011-02-25-19:00 ]


狩猟に関心深めて
下川猟友会・シカ肉料理囲んで語ろう会

 【下川】下川猟友会(野崎政一会長)主催の「ハンターと語ろう会」が23日、町民会館で開かれた。
 狩猟に関心を深めてもらう機会をつくり、後継者創出に結び付けることが狙い。会員を含め町内の住民15人が参加した。
 会場には猟友会のメンバーが用意したシカ肉のジャーキー、ベーコン、ひき肉の揚げ焼き、チャーシュー、ロースト、みそ煮など多彩な料理が並び、参加者は料理に舌鼓を打ちながら「クマはどのぐらいの距離で仕留めているのですか」「シカ肉料理のレシピを教えてください」など質問。猟友会員との交流を深めていた。

(写真=ハンターの手作りシカ肉料理を味わう参加者たち)

[ 2011-02-25-19:00 ]


自分の実力出せた
極真会館名寄支部・品川さんが緑葉杯で準優勝

 【名寄】極真会館名寄支部(若林慧支部長)所属の品川堅固さん=写真=が、このほど、石狩市で開催された第3回緑葉杯空手道選手権大会(国際空手道連盟極真会館北海道本部主催)に出場。一般の部で準優勝に輝く健闘をみせた。
 同選手権大会は全道規模の大会で、これまで入賞経験のない者が出場する、いわゆる新人戦大会。道内各道場から167人(型試合、組手試合)が出場。トーナメント方式で、1、2回戦は判定勝ち。準決勝は下段回し蹴りで技ありを取り、優勢勝ち。決勝は道本部白石道場の廣富光選手と対戦。本戦で決着が付かず、延長戦にもつれ込んだが判定負け。
 品川さんは今後の目標で、「6月に開催されるウエイト制空手道選手権大会で入賞できるよう稽古に励みたい」と闘志を燃やす。

[ 2011-02-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.