地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年2月23

キャンパス環境充実へ
名寄市立大学・空調整備や就職支援強化

 【名寄】名寄市は来年度、名寄市立大学(青木紀学長)のより良い学習環境の整備や就職支援強化に向け、100人以上収容可能な大教室などに空調設備(エアコン)を整備するとともに、就職専門の臨時職員を一人追加する計画。在学生の満足度向上だけはなく、今後入学してくる道内外の学生のため、大学教育の一層の充実を図る。
 各種講演やシンポジウムなどで大人数が集まる講義室をはじめ、湯などを扱う実習室は昨夏、数人の学生が軽い熱中症を発症。授業環境の悪化と健康への悪影響が出たほか、調理実習室でも換気設備だけでは、室内温度調節ができず、食品衛生上の問題が浮上。これらを解決するため、空調設備を整備することにした。

[ 2011-02-23-19:00 ]


正副議長が引退表明
下川町議選・新人は三津橋英実氏が立起

 【下川】4月の下川町議会議員選挙で現役町議会議長の武藤登氏(74)=現在3期=、同副議長の高原大氏(69)=2期=、同議員の三津橋雄孝氏(78)=2期=が、出馬しないことを明らかにした。一方、三津橋氏の長男、三津橋農産代表取締役の三津橋英実氏(54)=町内幸町=が、父に代わって出馬を表明している。
 本社の取材に対して、現職で出馬の意向を明らかにしているのは杉之下悟氏(76)=現在3期=、羽鳥一彦氏(64)=同4期=、宮澤清士氏(60)=同1期=、谷一之氏(56)=同4期=と、新人の三津橋英実の5人。定員8人に対して、無風どころか欠員になる可能性も出てきた。

[ 2011-02-23-19:00 ]


決勝トーナメント目指す
名寄協会の藤井夫妻・日本MDカーリングへ出場

 【名寄】第4回JAL杯北海道ミックスダブルスカーリング選手権大会が、このほど北見市常呂町で開催。名寄カーリング協会(箭原健至会長)から出場の藤井恭介さん・晶美さん夫妻が3位入賞を果たし、3月2日から長野県軽井沢町で開催の日本選手権へ出場する。藤井夫妻の同日本選手権出場は通算で3回目。藤井夫妻は「過去2大会は予選で敗退しており、次こそは決勝トーナメント進出を目指したい」と語る。
 道選手権には16チームが出場。藤井夫妻は決勝トーナメント1回戦で、士別チームに9対8で勝利。準決勝では東京農業大学チームに8対4で敗退。3位決定戦で南富良野チームと対戦し、5対4の接戦を制した。

(写真=ミックスダブルスカーリングに出場する藤井夫妻)

[ 2011-02-23-19:00 ]


教育風土を伝えて
名寄ピヤシリ大学で卒業式

 【名寄】名寄ピヤシリ大学(学長・藤原忠市教育長)の第28回卒業式と同大学院の第20回修了式が22日、市民文化センターを会場に行われた。
 同学は、自己の能力を開発して生きがいある人生観を確立し、地域のボランティアリーダーを養成する高齢者学級。修業年限は4年で、卒業後は修業年限2年の大学院に進むこともできる。
 この日は、在学生や来賓らの拍手に迎えられながら、卒業する大学4年生13人と修了する大学院2年生17人が入場。一人一人に卒業・修了証書が手渡されたほか、10人に皆勤賞、2人に精勤賞、特別表彰として4人に大学4年間皆勤賞、8人に大学院2年間皆勤賞、3人に自治会活動功績賞、2人に運営委員長特別表彰(6年間皆勤)が贈られた。

(写真=13人が卒業、17人が修了した名寄ピヤシリ大学の式)

[ 2011-02-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.