地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年2月21

水道料金の改定を視野に
名寄市の配水老朽管更新事業・財源確保が厳しい状況

 【名寄】名寄市は、住民生活に欠かすことのできない安全性の高い水を安定的に供給するための配水老朽管更新事業を進めている。だが、水道事業は市民の水道料金を主な財源としているため、過疎化による人口減少などに伴って財源が限られている。反面、今後、更新しなければならない老朽管が多いのが現状で、市は増額を内容とした水道料金改定の検討を視野に入れ、計画的な更新事業に取り組むための財源を確保していく考えだ。

[ 2011-02-21-19:00 ]


大声大会や氷の彫刻
下川・アイスキャンドルフェスが多彩に

 【下川】第37回しもかわアイスキャンドルミュージアムの最終を飾るアイスキャンドルフェスティバルが、19、20の両日、町総合グラウンドを会場に開かれた。
 会場には大小の雪像が並び、約3000個のアイスキャンドルがともされた。町内外から多くの人が訪れて、にぎわった。メーンステージでは、19日午後6時から開会式、渓流太鼓演奏などの後、新企画「下川の中心で○○を叫ぶ!」が行われ、子供と大人の各部門で15人ずつが参加した。
 最終日の20日は恒例のミニチュアジャンプ選手権をはじめ、スノーモービル遊覧、雪上運動会、氷の彫刻体験、地デジカマジカ32インチ争奪ジャンケン大会などで盛り上がっていた。

(写真=約3000個のアイスキャンドルがともされた会場)

[ 2011-02-21-19:00 ]


多くの人でにぎわう
美深ウインターフェスタ

 【美深】第25回美深ふるさと冬まつり「びふかウインターフェスタ‘11」が20日、町運動広場と町民スキー場を会場に開かれた。
 今年も第37回ジュニアアルペンスキー大会を皮切りに、親子チューブカーリングゲーム、雪中パークゴルフ、雪中かるたとりゲーム、雪中キャベツ掘りゲームなどが行われたほか、会場内ではフランクフルトやたい焼き、温かい飲み物などの販売、たこ揚げ、スノーモービル試乗なども行われ、多くの人でにぎわいを見せた。また、メーンイベントとなっている第8回びふか雪合戦大会では、選手が素早い身のこなしで相手チームの猛攻をかわすなど雪上での熱戦を展開。敵陣に攻め入りフラッグを奪うと観客の歓声があがり、盛り上がっていた。

(写真=雪上での熱戦を展開した雪合戦大会参加者)

[ 2011-02-21-19:00 ]


学生の熱演に拍手
名大児童学科の卒業公演

 【名寄】名寄市立大学短期大学部児童学科の22年度卒業公演が20日、市民会館を会場に開かれ、客席から多くの拍手が送られた。
 卒業を間近に控える同学科2年生47人が、昨年8月から実行委員会(横山衣依実行委員長)を立ち上げ、授業や実習、就職活動の合間に準備・練習を重ねてきた。公演したのは「どろぼうがっこう」(加古里子原作)、「エゾオオカミ物語」(あべ弘士原作)で、いずれも今野道裕同学科教授が脚本を手掛けた。また、出演はもちろん、舞台監督、演出、道具、衣装、音響、照明も学生が担当した。
 会場には幼児から大人まで多くの人が訪れ、学生たちの熱演に見入って大きな拍手を送っていた。また、仲間との大舞台をやり遂げたことの充実感で、涙を流す学生の姿もあった。

(写真=8月から準備を重ね、2作品を披露した卒業公演)

[ 2011-02-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.