地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年2月1

沈濫防止へ流下能力向上
名寄・豊栄川の河道拡幅工事進む

 【名寄】北海道は、豪雨災害による道路冠水や家屋浸水などの被害防止のため、名寄の豊栄川河道拡幅・改修工事を進めている。川幅を広げ、川床を掘り下げて流下能力を高めるもので、本年度は、23年度に実施予定の本格改修を前に、現況流化能力の約2倍となる暫定改修などに取り組み、安心で安全な市民生活の確保に全力を挙げているが、北海道上川総合振興局旭川建設管理部美深出張所(大沼幸延所長)は「市と協力し、なるべく早く整備を終えたい」と話している。

(写真=徳田橋架け替えに伴う迂回路設置工事)

[ 2011-02-01-19:00 ]


弱者支援基金を新設
名寄・市議会臨時会で4議案可決

 【名寄】第1回名寄市議会臨時会が1日、市役所名寄庁舎で開かれ、22年度一般会計補正予算など4議案を可決した。この中の「名寄市基金条例」の一部改正では、国の交付金制度を活用した「住民生活に光をそそぐ交付金基金」を新設し、弱者対策などの各種事業に取り組むこととした。
 同交付金制度は、消費者相談やDV被害者対策、自殺予防・児童虐待対策の生活弱者支援のほか、知的社会づくりなどを目的に、国が23、24年度の2カ年で行う事業。また、基金として積み立てながら幅広く利用できるものとなっている。

[ 2011-02-01-19:00 ]


骨格で45億円台見込む
下川・安斎町長の23年度予算査定

 【下川】安斎保下川町長による23年度の予算査定が31日、町役場で行われた。査定は1日まで実施されたが、安斎町長は「23年度は第5期総合計画スタートの年。4月に町長改選を控えており、骨格予算となるが、必要な事業は積極的に取り入れながら予算編成し、町民の要望を満たせるように工夫していきたい」と述べた。
 昨年末までに各担当課から提出された政策的な予算を含む23年度予算要求額は、49億6600万円。一方、歳入見込み総額は約44億6650万円。高橋裕明副町長の査定で、各課の事業別に事業効果などのヒアリングを重ねながら、経常経費を中心に切り込んできたが、第5期総合計画に盛り込まれた政策予算を含む要求額に対し、4億円以上の財源不足。政策実施に向けた財源確保が課題となっている。

(写真=新年度予算編成の査定を行う安斎町長)

[ 2011-02-01-19:00 ]


ハイレベルな攻防戦
名寄・ジュニアカーリング大会兼市民大会

 【名寄】名寄中央ライオンズクラブ(中居國泰会長)、名寄カーリング協会(箭原健至会長)主催の第3回名寄中央ライオンズクラブ杯「ジュニアカーリング大会兼市民大会」が30日、道立サンピラー交流館カーリングホールで開かれた。
 小学生の部に5チーム、一般の部に16チームが出場。小学生の部は総当り戦、一般の部は予選リーグ、決勝トーナメントともに3エンドで対戦。ストーンがスウィーピング(氷をブラシで掃く)によって勢いや軌道が微調整され、狙い済ましたかのように相手ストーンへ到達するなどハイレベルな展開。
 小学生チームも「イエス、イエス」「ノー、ノー」などとスイーパー(掃く選手)に大きな掛け声で指示を送る様子も見られ、大人顔負けの攻防戦を展開した。

(写真=攻防戦を楽しんだカーリング大会)

[ 2011-02-01-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.