地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年1月28

中心商店街の空洞化が進む
名寄商工会議所・3年間で19店舗消える

 【名寄】中心商店街の空洞化が進んでいる。名寄商工会議所が22年11月に実施した空き店舗調査によると、イオン名寄ショッピングセンターがオープンする前の19年11月時の調査と比較し、空き店舗の数が19件も増えた。また、空き店舗に次の店舗が入るケースも少なく、店舗自体が解体され、空き地や駐車場となっているケースもあり、中心商店街の機能をどう復活させていくのか大きな課題となっている。
 全国的に各地の商店街で空き店舗が増え、シャッター通となっているが、名寄市もこの傾向が顕著になってきている。これは、商店街の空洞化が進む実態を示すもので、空き店舗の増加は、名寄市商店街連合会の加盟店舗数の減少にも当然つながっている。

[ 2011-01-28-19:00 ]


振興の在り方模索
美深スポーツ未来会議・指導者、関係者集まり

 【美深】22年度美深町スポーツ未来創造会議が26日、町文化会館で開かれ、町内のスポーツ指導者とスポーツ関係機関スタッフが集まり、学校や子供、まちづくりと地域スポーツの関わりを考えた。
 会議は、びふかスポーツクラブ、美深町体育協会、美深町エアリアルプロジェクト委員会が主催。スポーツ振興の在り方を模索することを目的に、指導者研修会と合わせて開催。会議にはスポーツ指導員30人、町体協が委嘱している「スポーツアドバイザー」で仙台大学、NTC(ナショナルトレーニングセンター)、全日本スキー連盟、日本オリンピック委員会スタッフ5人が出席。
 町内スポーツ団体が活動内容とともに現状の課題を説明。活動や課題を踏まえた全体ディスカッションでは、子供の基礎体力向上で小学校の体育科指導要領で従来、5〜6年生のみだった「体づくり運動」が23年度から全学年を対象に行われることから、スポーツクラブの「Kids」プログラムを授業に取り入れるアイデアが聞かれた。

(写真=子供の体力向上、一貫指導で意見を交わした会議)

[ 2011-01-28-19:00 ]


基礎知識を深める
名寄でEMS入門セミナー

 【名寄】北海道商工会議所連合会主催の環境マネジメントシステム(EMS)入門セミナーが27日、名寄商工会館で開かれた。
 同セミナーは、環境保全に貢献でき、さらには経費削減への可能性もあるEMSの取り組み方法などを解説するもの。建設業者を中心に12人が受講。北海道商工会議所連合会環境マネジメントシステム普及促進担当の宮ア愛さんが、EMSに取り組む意義では「環境関連法を理解することで、法律違反の未然防止が図られるほか、継続的に活動することで環境と経営の改善につながる」。PDCAサイクルを行うことで、「より良い計画を立てることができ、継続的な業務改善が可能」と説明したほか、北海道環境マネジメントシステムスタンダード(HES)やエコアクション21の規格などを紹介した。
 続いて、上川総合振興局保健環境部環境生活課の塚本桂子主査が「産業廃棄物処理業者の判断にかかわる評価制度」を説明。受講者は、地球に優しい事業所づくりに向け、EMSの基本知識を深めていた。

(写真=マネジメントシステムなどを学んだ入門セミナー)

[ 2011-01-28-19:00 ]


優しい光に包まれ
2月に雪あかりコンサート

 【名寄】名寄市北国博物館主催の「雪あかりコンサート2011」が、今年も2月26日午後6時から同館ギャラリーホールを会場に開かれる。
 スノーランタンの優しい光に包まれながら音楽を楽しむ毎年恒例のコンサート。今年は名寄ピヤシリ少年少女合唱団が出演。「野に咲く花のように」や「雪の窓辺で」などを披露する。
 同館では「幻想的な雪あかりの中で、子供たちの歌声をお楽しみください」と来場を呼び掛けている。入場料は無料。


(写真=雪あかりコンサートをPRするポスター)

[ 2011-01-28-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.