地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年1月27

高齢者と障害者対象
名寄心と手をつなぐ育成会・地域づくり拠点施設を整備

 【名寄】名寄心と手をつなぐ育成会(林豊会長)は、国の「地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金事業」を活用して、「高齢者と障害者の共同施設」を名寄東病院東側市有地(予定)に建設する。障害者と高齢者を入居対象とするほか、一般市民や子供なども利用できる地域づくりの拠点施設で、2月から建設工事に着手、23年度内に供用開始を予定しており、地域福祉のニーズに応えていく考えだ。
 同事業は、障害者の日中活動や住まいの場を整備するとともに、高齢者や子供との共生型サービスを一体的に行おうというもの。また、高齢者と障害者の共同生活を通して生きがいづくりや自立促進を図るほか、一般市民や子供なども利用できる施設とし、交流空間を整備した地域づくりの拠点施設と位置付けている。

[ 2011-01-27-19:00 ]


平均倍率は0・86倍
上川上学区高校出願・最高は音威子府1.3倍

 道内公立高校の23年度出願状況が27日に発表された。上川北学区は合計募集定員640人に対し、出願者数553人(うち推薦者数60人)。平均倍率は0・86倍。最も高い倍率だったのは、おといねっぷ美術工芸高工芸科の1・3倍、次いで名寄産業高生活文化科の1・1倍となった。
 推薦入学の面接は2月14日、一般出願の学力検査は3月3日、合格発表は16日午前10時に行われる。

[ 2011-01-27-19:00 ]


心身をリフレッシュ
名寄で冬季在宅介護者の集い

 【名寄】冬季在宅介護者の集いが27日、道立サンピラー交流館などを会場に開かれた。同交流館では初めてカーリングの基礎を体験するなど、参加者は楽しい時間を過ごしていた。
 同集いは、名寄市社会福祉協議会(中村稔会長)、名寄市在宅介護者を支える会(宮下信子会長)の共催。在宅で介護に当っている市民が、日常の介護生活から離れて心身をリフレッシュさせることが目的。集いには、在宅で介護に当っている市民や同支える会の会員合わせて26人が参加した。
 ヘルメットやカーリングシューズを身に付けた参加者たちは、氷の上を歩くことからスタート。転ばないよう互いに手を取り合うなど悪戦苦闘しながらも、デリバリー(投球)フォームに挑戦するなどカーリングを楽しんだ。

(写真=カーリングを体験した集い)

[ 2011-01-27-19:00 ]


手打ちうどん作る
美深で食育セミ料理教室

 【美深】美深味菜の会(杉村冨士子会長)主催の食育セミナーと料理教室が26日、町文化会館で開かれ、美深産小麦「ハルユタカ」で手打ちうどんを作った。
 同会では毎年、年間テーマを決めて年6回(奇数月)の料理教室を開催。今年は「添加物を考える」をテーマとし、食を通して自分の健康は自分で守る「セルフメディケーション」に努める。
 今回は13人が参加。町保健センター管理栄養士の田中徳子さんが食品添加物を題材に講話。その後、美深産小麦「ハルユタカ」を使って手打ちうどんを調理。釜揚げうどん、野菜たっぷりの煮込みうどんとして味わったが、うどんの塩味と「ハルユタカ」特徴のモチモチした食感のため薄味で味わえるなど、栄養面を通して食材のおいしさを実感していた。

(写真=「ハルユタカ」を使ってうどんを打つ参加者たち)

[ 2011-01-27-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.