地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年1月26

スタンス見極める機会に
なよろブランドプロジェクト・東京ギフトショーへ最終確認

 【名寄】地元農産物の使用など、名寄ならではの商品の開発・改良による特産品作りを目指す、新「なよろブランド」商品開発プロジェクト委員会・商品開発部会の合同会議が25日、名寄商工会館で開かれた。会議では同プロジェクトの一区切りとなる「東京インターナショナルギフトショー」(2月1日〜4日)への参加に向け、出店を予定している6作品のうち、5作品のパッケージデザイン確認などを最終調整。アドバイザーの株式会社シー・アイ・エス計画研究所の濱田暁生さんは「取引先の開拓や販路拡大、商品開発方向性の確認など出展方針を明確にして望んでほしい」とした。

(写真=新なよろブランド商品開発プロジェクトの会議)

[ 2011-01-26-19:00 ]


ウサギとトラの2作品
木霊さんが下川神社へ奉納

 【下川】下川町西町、木霊=本名・児玉=光さん=が、このほど下川神社(丸井義嗣宮司)を訪れて、今年のえと、ウサギと前年のえと、トラをかたどった自作チェーンソーアートを奉納した。
 木霊さんは愛媛県松山市出身。下川町森林組合勤務しながら、国内トップクラスのチェーンソーアーティストとして活躍。4年前から地元へ感謝の気持ちを込めて、毎年、えとをかたどった作品を納めている。昨年は体調を崩して作品を完成できず、今年、2年分の作品を仕上げて納めた。
 今回奉納したのは、地元の原木で「大きな母トラが子供を見守っている姿」と「枯れ木に掛かっている満月を、ウサギが眺めている様子」を彫った2作品。「枯れ木」は原木をこがして色を表現。これまでの作品と合わせて、5作品が神社内に飾られた。

(写真=奉納した2年分のえと作品)

[ 2011-01-26-19:00 ]


道北予選で全勝優勝
名寄サッカー少年団が全道へ

 【名寄】名寄ピヤシリサッカー少年団(北村聡団長)はこのほど、名寄市スポーツセンターで開かれた全道フットサル選手権大会(12歳以下)道北予選に出場。見事、全勝優勝して全道大会の出場権を獲得した。
 道北地区サッカー協会などの主催。同地区は和寒以北中川がエリアで、今年は地元の名寄をはじめ士別、下川、美深、和寒の5チームが出場。大会は総当りのリーグ戦。名寄は初戦で士別と対戦して1対0で勝利。これで勢いに乗り、続く2試合目の和寒戦を3対0、3試合目の美深戦を4対0の大差で勝ち、優勝のかかった最終試合の下川戦も3対1で勝利。結果、名寄少年団が4戦全勝で優勝し、見事に全道大会出場を決めた。

(写真=全道大会出場を決めた名寄サッカー少年団)

[ 2011-01-26-19:00 ]


日本の文化に触れる
名寄・光名幼稚園で初釜を体験

 【名寄】光名幼稚園(山崎博信園長、園児97人)では幼児茶道を教育課程に取り入れているが、今年も新年最初の茶会となる「初釜」を25日、光名寺茶室で行った。
 同園は、日本の伝統文化を理解することや心豊かな人格の基礎を養うことなどを目的に、昭和57年度から年長クラス対象で幼児茶道を取り入れ、毎週火曜日、茶道裏千家の山崎宗洋幼児茶道講師から作法を学んでいる。
 今年もれんげ組とすみれ組の44人がクラスごとに取り組んだ。園児たちは蜜漬けしたゴボウや白みその入ったあんを紅白の餅で挟んだ和菓子「花びら餅」を食べ、薄茶を味わい、日本の文化に触れていた。

(写真=初釜で花びら餅と薄茶を味わった光名幼稚園の園児)

[ 2011-01-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.