地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年1月25

23年度運営は指定管理
名寄市議会経済常任委・ふうれん望湖台などで市説明

 【名寄】名寄市議会経済常任委員会(木戸口真委員長)が24日、市役所風連庁舎で開かれた。「ふうれん望湖台センターハウス」を管理運営する株式会社ふうれん望湖台振興公社は、23年3月末で解散することから23年度一年間の管理運営は、指定管理で行うことが説明された。指定管理者の選定は選定委員会を経て、2月1日開会予定の臨時市議会で名寄振興公社を提案する。このほか、農業被害対策、本町地区市街地再開発事業などで報告した。
 ふうれん望湖台センターハウス運営に関する市の方針で、現体制での運営は24年3月末で終了するが、自然公園はその後も維持管理を継続。また、老朽化した施設の取り壊しなどは、23年度中に方向性を打ち出す方針であることを説明した。

[ 2011-01-25-19:00 ]


改選期で骨格編成
美深町長予算査定・一般会計は38〜39億円程度

 【美深】山口信夫町長の23年度予算査定が、25日から27日まで町役場で行われている。新年度は町長改選期に当たるため、当初予算は継続事業や経常経費のみを計上する骨格編成となり、政策予算を盛り込む通常編成の年度と比べ予算規模は縮小。一般会計の予算額は38〜39億円程度を見込んでいる。
 23年度の予算編成は、22年度開始の第4次行政改革大綱・推進計画と23年度スタートの第5次総合計画を柱としているが、新年度は4月に町長選挙を控えているため、総合計画に盛り込まれている新規事業といった政策予算は、6月の町議会定例会で補正予算として提案することとしている。

(写真=各課の事業をヒアリングする山口町長)

[ 2011-01-25-19:00 ]


事故絶無へ決意新た
名寄交通安全協会・交通安全祈願祭、表彰式

 【名寄】名寄交通安全協会(定木孝市朗理事長)主催の平成23年交通安全祈願祭・表彰式が24日、ホテル藤花で行われ、交通事故絶無を願った。
 関係機関・団体から124人が出席。交通事故犠牲者に対する黙とうに続いての祈願祭で、各代表者が、悲惨な事故が一件でも減少するよう願いを込めて玉串を捧げた。
 交通功労者、優良運転者をたたえる表彰式で、定木理事長が「安全祈願祭を機に、市民が悲惨な交通事故の犠牲者にならないよう、気を引き締めて活動に取り組む所存」と挨拶。新年交礼会では、和やかな雰囲気の中で交流。交通事故の無い安全で安心な車社会の実現に向けた積極的な活動を誓い合うとともに、死亡事故ゼロ継続へ気を引き締めていた。

(写真=死亡事故ゼロ継続へ気を引き締めた祈願祭、表彰式)

[ 2011-01-25-19:00 ]


下川町が特別賞入選
CO2削減優秀事例として

 【下川】下川町の「環境先進企業等と連携した森林づくりプロジェクト」が、このほど二酸化炭素(CO2)削減に地域ぐるみで取り組む優秀事例を表彰する「低炭素都市づくりベストプラクティス」特別賞に選ばれた。
 同表彰を主催する低炭都市推進協議会は、国の環境モデル都市による優れた取り組みの全国展開、世界への情報発信などを目的に、平成20年12月に設立。国や自治体、企業など192団体で組織されている。同表彰では18団体26件の候補から大賞1件、特別賞8件を選定した。道内、または市以外の受賞者は下川町のみ。
 同表彰で「森林吸収機能を活用した新たな視点での森林経営を実践している。また、環境分野での自治体連携のモデルとなる取り組み」と評価を受け、特別賞に入選した。

[ 2011-01-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.