地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年1月20

ネットワーク構築が重点
名寄市地域福祉実践計画・第1回策定委員会開く

 【名寄】名寄市第3期地域福祉実践計画の第1回策定委員会が20日、市総合福祉センターで開かれた。同実践計画は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる地域社会づくりの指針となるもので、同協議会を中心に、福祉団体、ボランティアなどとのネットワーク構築に重点を置いた行動計画。市が策定する地域福祉計画と連動した中で進められ、今後、市民を対象としたアンケート調査、地域懇談会などを実施し、名寄の実情に合った計画策定に努める。同協議会では「計画策定のプロセスを大切にして、地域住民が手を取り合いながら、いかに地域福祉をより充実したものにするかについて、理解や関心を深めてもらえるか―が課題」としている。

[ 2011-01-20-19:00 ]


25年ぶり更新し決意
名寄市・交通事故死ゼロ日数849日

 【名寄】名寄市内の交通死亡事故ゼロ日数が、15日で849日となり、約25年ぶりに最長記録を更新。これを受け、交通安全関係機関・団体代表者が20日に市役所名寄庁舎に集まり、さらなる事故死ゼロを誓い合った。
 この日は、死亡事故ゼロ継続を願うための関係者会議で、関係機関・団体の代表者ら20人が出席。参加団体を代表し、同協会の秋元忠行常務理事が「交通事故死ゼロ1000日を目標とし、地域住民が一体となった交通安全運動を一層力強く推進する」と交通安全宣言。交通事故の無い安全な住み良いまちづくりの実現への気を引き締めた。

(写真=さらなる交通事故死ゼロを願った関係者)

[ 2011-01-20-19:00 ]


見事な芸術品に関心
名寄で高齢者作品巡回展

 【名寄】上川北部公民館ネットワーク主催の高齢者作品巡回展は、19日から名寄市民文化センター展示ホールで始まり、日ごろの老人クラブ活動などで制作した芸術作品が並んでいる。
 和寒以北中川までの上川北部8市町村の公民館を巡回する恒例の展示会(期間・昨年12月〜3月)で、出展者は、地域の高齢者学級などに参加している60歳以上。本年度の出展数は、絵手紙や水墨画、陶芸、刺しゅう、パッチワークなど独創的な芸術作品36点。そのうち、名寄市からは名寄ピヤシリ大学生4点、風連瑞生大学生5点。
 会場には、上川北部地域で芸術活動に励む住民が、長い時間を掛けて丁寧に制作した作品がずらりと並んでおり、来場者が見事な出来栄えに感心しながら見入っている。

(写真=来場者の目を引いている巡回展)

[ 2011-01-20-19:00 ]


美深高校が3位入賞
全道ユースフットサルで

 【美深】美深高校サッカー部(小原貴明キャプテン)は、このほど札幌で開かれた「第22回全道ユース(U―18)フットサル選手権大会」で3位に入賞。部員たちはさらなる勝利を目指し練習に力を入れている。
 同大会は、北海道サッカー協会が主催。今年は中学生を含む18歳以下のクラブチームや高校から16チームが出場。試合は4チームずつのブロック戦を経て、上位2チームが決勝トーナメントに進出。美深高校は2勝1引き分けで1位通過。決勝トーナメントは準々決勝で松前高校に7―5で勝利、準決勝は駒大苫小牧高校に4―8で敗れた。
 部員は3年生3人、2年生4人、1年生2人、マネジャー1人の合計9人。顧問の山崎佑磨教諭は「中学生からフットサルをしている部員が多く、チームワークで勝ち上がったと思う」と振り返る。

(写真=喜びの表情を見せる美深高校サッカー部員)

[ 2011-01-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.