地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年1月9

「きめ細」は施設整備含め29件
名寄市・2交付金の事業計画決める

 【名寄】名寄市は、国の22年度補正予算関連の「きめ細かな交付金」と「住民生活に光をそそぐ交付金」に関わる事業計画を決めた。2交付金の使途は、きめ細かな交付金が地域コミュニティ施設整備事業など合わせて29件の事業、光をそそぐ交付金が市立図書館機能強化事業と高齢者くらしのサポーター事業、基金に積む3事業を計画している。市では2交付金関連の補正予算案を1月末ごろの市議会臨時会に提案する考えだ。
 配分を受ける地域活性化交付金の「きめ細かな交付金」は主に施設整備などのハード面に使えるもので、1次配分額は1億3070万9千円。一方の住民生活に光をそそぐ交付金は、地方消費行政やDV対策など弱者対策、知の地域づくりへの支援を目的としたもので、名寄市は2066万6千円の配分を受ける。

[ 2011-01-09-19:00 ]


一瞬の表情をパチリ
名寄産業高校写真部の作品展

 【名寄】名寄産業高校写真部による作品展が、11日まで道立サンピラー交流館「やすらぎ空間」で開かれている。会場には、サンピラーパークで元気いっぱいに遊ぶ子供たちの様子が収められた作品の数々が展示され、来館者を楽しませている。
 同校写真部は活動の一環として、道立サンピラーパークで遊ぶ子供たちの撮影に取り組んできた。作品展は、写真撮影に協力してもらった子供たちや保護者に感謝の気持ちを込めて開催。「げんKIDs なよろっこ大集合」をテーマに100枚を超える写真を展示。最終日の11日午後1時から同交流館で、これまで作成してきた作品を、保護者へプレゼントする。

(写真=11日まで開かれている作品展)

[ 2011-01-09-19:00 ]


全道ベスト4目指す
ピヤシリ西クラブ・冬期間もハウスで練習

 【名寄】名寄西小学校(染木圭男校長)の児童が所属する野球少年団「ピヤシリ西クラブ」は、冬期間もグラウンドに設置したビニールハウスで熱心に練習に励んでいる。
 同クラブには2〜6年生32人が所属。板東聖治監督をはじめ、同校教職員と保護者の計6人で指導に当たっている。以前の冬期間の練習は、内容や時間が限られてしまう体育館で行っていたが、土の上で思うような練習をさせたい―と保護者で組織している同クラブ後援会(水間幸雄会長)の協力でビニールハウスを設置。これらの熱心な活動の成果が表れてか、本年度は市内予選や支部大会で何度も優勝を飾ったほか、全道大会でベスト8に入った。また、新人チームも好成績を残している。
 橋昂キャプテン(5年)は「ヒットをたくさん打って、みんなの役に立ちたい。バッティングの強いチームにし、全道大会ではベスト4に入りたい」とコメントしている。

(写真=ビニールハウスの中で練習に励む団員たち)

[ 2011-01-09-19:00 ]


風連冬まつり楽しもう
雪像コンの参加者を募集中

 【名寄】第27回ふうれん冬まつり実行委員会(委員長・川村正彦風連まちづくり観光理事長)は、冬まつりのイベントである雪像コンクールの参加を募集しているが、募集区分は会場内と外の団体の部と親子の部となっている。
 風連の冬まつりは、住民の手で冬を楽しむイベントづくりを目標にスタートし、今では風連地区の3大イベントと位置付けられ、住民に定着しており、すべて住民の手づくりというのが特徴。会場内外を飾る雪像は、地区内の団体や個人で制作しているほか、運営資金として1世帯当たり200円の寄付金を得るなどして毎年、にぎわいのあるイベントとなっている。
 参加申し込みは会場内が21日まで、会場外が28日まで、実行委員の市役所風連庁舎土木課の堺さんか、同じく市役所の名寄庁舎財政課の廣嶋さんが受け付けている。

[ 2011-01-09-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.