地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年1月6

地域振興、発展に決意新た
本紙管内の各首長年頭訓示・職員が仕事始めに

 本紙管内の各自治体は6日が仕事始めとなり、名寄、下川、美深の各首長が年頭の訓示を行った。国の各種事業の見直しや低迷する地域経済の影響によって、地方自治体の行財政運営は厳しさを増しているが、各自治体の職員たちは首長訓示に耳を傾け、住民ニーズの多様化に応えたサービス向上などの行政運営に対する意識を高めるとともに、住みよいまちづくりへ決意を新たにした。
 【名寄】加藤剛士名寄市長の訓示は、午前9時から市役所名寄庁舎で行われた。加藤市長は就任後初めてとなる年頭訓示で、市民との協働を基本とした市政運営の重要性を強く訴えるとともに、それぞれの持ち場で活躍することに期待した。職員約100人の前に加藤市長は、昨年は地域資源が花開いた1年だったとし、「今年はウサギ年であり、飛躍の年にするためにも、大学や病院なども含めた地域資源を最大限に活用したまちづくりに全力で取り組みたい。さらに、地域から国を変える気概をもった市政運営に努めたい」と気を引き締めた。
                              ◇
 【美深】山口信夫美深町長の年頭訓示は、午前9時から町役場大会議室で行われた。職員約100人を前に、山口町長は「スローガンを『みんなで築く 輝くまち 美深』とした第5次美深町総合計画の大綱を定めるとともに、23年度から施策を実施すべく準備しているが、まちの人口減少や高齢化社会の中で課題も多く、教育や福祉、医療、介護、産業振興でそれぞれ問題を抱えている。住民の期待に応えるには暮らしの基盤を築きながら、施策を具現化すること。美深には公的施設、道の出先機関なども多く、それらと連携することも必要」と新総合計画の推進、関係機関・団体との協調を訴えた。
                              ◇
 【下川】安斎保下川町長の訓示は、午前10時から町民会館大ホールで行われた。町職員約90人が出席。全員で記念撮影を行った後、安斎町長が年頭の訓示を述べた。
 安斎町長は「今後、地域主権がキーワードとなってくる。地方財政も厳しくなる。職員一人一人が国の方針をしっかり把握、察知しながら、まずは自分の役割をしっかりこなし、さらなるまちづくりへ取り組んでほしい。町民がいて役場がある。日々、町民目線で物事を考えながら、横の連携を持って協力し、仕事に励んでほしい」と話した。

(写真上=積極的な一年にと訓示する加藤市長)
(写真中=住民との信頼関係構築を訴えた山口美深町長)
(写真下=「住民目線で仕事に励んで」との訓示を聞く職員)

[ 2011-01-06-19:00 ]


交流人口増加の年に
名寄市で市民新年交礼会

 【名寄】2011市民新年交礼会が5日、ホテル藤花で開かれた。出席した名寄市民は新年のあいさつを交わすとともに、今年1年の抱負を語り合うなど、新たな年の幕開けを祝い合った。
 同交礼会は、名寄商工会議所、道北なよろ農協、名寄市社会福祉協議会、名寄市町内会連合会が世話人(代表・木賀義晴名寄商工会議所会頭)となり開催している恒例行事。
 市民162人が出席。オープニングの鏡開きの後、世話人代表の木賀会頭、加藤剛士市長が挨拶。出席者は和やかな雰囲気の中で交流を深めた。

(写真=鏡開きで祝った市民新年交礼会)

[ 2011-01-06-19:00 ]


人間形成の場にも
名寄カーリング場・ジュニアクラブが元気に活動

 【名寄】名寄カーリング協会(箭原健至会長)ジュニアクラブは、市内の小学4年生から高校までで組織。青少年の健全育成と選手育成などを目的に、平成20年12月に結成され今冬で3シーズン目を向かえた。メンバーも現在は33人が所属し、本年度はJOCジュニアオリンピックカップ日本ジュニアカーリング選手権大会に、初めて道予選を勝ち抜いて出場するなど著しい成長を遂げている。
 同協会によると年々、カーリング愛好者は増加傾向にあるという。ジュニアクラブのコーチを務める松澤大介さんは「常呂などのカーリング先進地を見習いながら今後、さらにジュニアクラブ活動の輪を広げていければ」と語っている。

(写真=元気に活動する名寄カーリング協会ジュニアクラブ)

[ 2011-01-06-19:00 ]


求人倍率が上昇傾向
12月の道北経済月報

 財務省旭川財務事務所は道北管内(上川、留萌、宗谷支庁)の12月の道北経済月報を発行した。
 10月から11月を中心とした上川、留萌、宗谷管内の経済情勢をみると個人消費は、主要大型小売店等売上高が3カ月連続で前年を上回ったほか、主要スーパー売上高も7カ月連続で前年を上回った。また、住宅着工戸数が5カ月連続で前年を上回っているものの、公共工事の前払い金保証請負金額(単月)は4カ月連続で前年を下回った。雇用情勢の有効求人倍率は10カ月連続で前年を上回っている。

[ 2011-01-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.