地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年1月4

新人同士で戦いも?
道議会議員選挙の名寄市区・今後の動向に関心高まる

 【名寄】任期満了に伴う北海道議会議員選挙が、4月1日告示、10日投票の日程で行われる。名寄市選挙区(定数1人)は、5期目となる現職の加藤唯勝氏(69)が今期限りで勇退することに伴い、後継候補予定者として名寄市議会議員の中野秀敏氏(53)が、自民党の推薦を受けて出馬を表明。一方、民主系団体についても候補擁立に向けて水面下で動いていることから、新人同士による選挙戦の可能性があり、今後の動向に注目が集まっている。

[ 2011-01-04-19:00 ]


名寄3店でメニュー化
アイディア料理コン・キャンペーン参加呼び掛け

 【名寄】基幹産業の農業に理解を深める「2010地産地消フェアinなよろ」(実行委員会主催)の「名寄産の農産物を使ったアイディア料理コンテスト」で、「藤花賞」「サンピラー賞」「たまさぶろう賞」の各賞に輝いた作品が、各レストランでメニュー化され好評を得ている。同実行委員会では、各メニューを食べた人を対象に、「こめごころ5キロ」などの賞品が抽選で当るキャンペーンを実施しており、多くの参加を呼び掛けている。
 同実行委員会では、市内3カ所のレストランでメニュー化された作品を、多くの人に食べてもらおうと「受賞作品メニュー化キャンペーン」を企画。受賞作品を提供している各店で受賞作品を食べると応募券1枚がもらえ、必要事項を記入し各店のレジに提出してもらう。キャンペーン期間は1月4日から2月28日まで。

[ 2011-01-04-19:00 ]


パークはデザイン一新
下川・アイキャンポスターが完成

 【下川】2月12日から20日まで行われる平成23年アイスキャンドルミュージアムのポスターが、このほど出来上がった。
 同実行委員会(石谷英人実行委員長)が主催。同イベントは、北国の風物詩としてすっかり定着。アイスキャンドルパーク(2月12日から20日まで万里長城)、アイスキャンドルスクエア(2月13日から20日まで恵林館など)、アイスキャンドルフェスティバル(2月19、20の両日、町総合グラウンド)の3本立てで開かれ、約6000個のアイスキャンドルがともされる。
 今回のアイスキャンドルパークでは、会場の景観デザインをキャンドルアーティストで、ふらの演劇工房芸術監督の横島憲夫さんが担当。ポスターはアイスキャンドルスクエアの写真を起用し、同実行委員会の白木薫さんがデザインした。A2判で300枚を作製。同じ内容のA4判リーフ1000枚も作製した。

(写真=完成したアイスキャンドルミュージアムのポスター)

[ 2011-01-04-19:00 ]


佐藤、森田さん出演
道農民管弦楽団の海外公演

 【下川・美深】下川町上名寄の農業、佐藤導謙さん、美深町農業振興センター職員、森田重樹さんは、北海道農民管弦楽団(牧野時夫代表)のメンバーとして、2月にデンマークで開催される同楽団初の海外公演に参加する。
 同楽団は全道各地の音楽を愛好する農家、農業関係者、農学関係の学生や教職など総勢約70人で構成され、世界にも類を見ない農民主体の本格的オーケストラ。平成6年に発足し、毎年1回、農閑期に道内で演奏会を開催しており、前回は開拓110年記念事業の一環として士別市で演奏している。
 佐藤さんは昭和43年2月、下川町出身。中学1年から吹奏楽を始めた。トランペットを担当し、同楽団には発足当初から参加している。森田さんは昭和45年12月、網走市出身。楽器はトロンボーンで、吹奏楽歴は20年以上。佐藤さんの誘いを受けて、今回、初めて同楽団に参加することになった。

(写真=デンマーク公演に参加する佐藤さん(右)と森田さん)

[ 2011-01-04-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.