地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年12月20

クリスマスをカウントダウン
名寄・レンガ煙突&サンタ

 【名寄】今年も名寄市東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内のレンガ煙突には、クリスマスまでのカウントダウンを行うサンタクロースが登場。夜間はライトアップされ、子供たちへのプレゼントが詰まった袋を背負い、煙突を上る愛嬌(あいきょう)のある姿が、地域住民の目を楽しませている。
 この「レンガ煙突&サンタ」は、サンタクロースが、12月15日から高さ24メートルあるレンガ煙突の頂上を目指し毎日、3メートルずつ移動。24日のクリスマスイブには頂上に到着する予定。
 今年は23、24の両日、土・洒落遊(ドゥ・シャレーユー)が主催する熱気球の体験搭乗が、同製作所構内で開催する予定。「レンガ煙突&サンタ」を熱気球に乗って上空から眺めようという試みで、多くの親子などでにぎわいが予想される。

(写真=夜間はライトアップされているレンガ煙突&サンタ)

[ 2010-12-20-19:00 ]


トマトようかんを発売
下川・矢内菓子舗が特産品開発で

 【下川】下川町錦町の矢内菓子舗(矢内眞一社長)が、このほど下川産トマトジュースを使ったようかん「ウィンクなトマト」を発売。新たな特産品として注目されている。
 「ウィンクなトマト」はトマトジュースを、白あん、水あめなどと一緒に練り上げて作った無添加の手作りようかん。筒状の容器に入っており、付属の糸で切りながら食べるようになっている。ネーミングは「愛着の持てるかわいいイメージに」という思いが込められている。1個110グラムで350円。
 矢内さんは「少しでも地元産トマトの需要が伸びて農家の力になれたらと思う。また、地元特産品の種類を増やすことで、地元消費者に喜んでいただけたらうれしい。今後、町外販売も検討したい」と話している。

(写真=下川産トマトジュースを使用した手作りようかん)

[ 2010-12-20-19:00 ]


もちつきや余興楽しむ
名寄駐屯地で年末フェス

 【名寄】名寄地方自衛隊協力会(会長・加藤剛士市長)主催の名寄駐屯地年末フェスティバルが18日、名寄駐屯地(高橋武也司令)で開かれ、隊員と市民がもちつきや余興などを楽しみ交流を深めた。
 同フェスティバルは、隊員と自衛隊協力諸団体をはじめ市民との親交を目的として、昨年に続き2回目の開催。この日は午前9時から同駐屯地営庭で、中隊対抗の雪中綱引きが行われた。その後、同10時から同駐屯地食堂で、来賓約80人が参加して、もちつき大会。同11時からは体育館で、つきたてのもちなどを味わいながら、寸劇やダンス、プロレスなど隊員による余興を満喫。最後は抽選会で盛り上がり、参加者は楽しい時間を過ごしながら、名寄駐屯地のさらなる飛躍に期待を込めた。

(写真=各種余興などを楽しんだフェスティバル)

[ 2010-12-20-19:00 ]


多くの親子に喜ばれ
風連でリサイクルスキー提供

 【名寄】風連町スキー協会(高橋能朗会長)のリサイクルスキー用品提供が18日、風連スキー場で行われ、多くの親子連れでにぎわいを見せた。
 同協会ではスキー、スノーボードの普及と同時に風連スキー場の集客を図ることを狙いに、19年から用品のリサイクル事業をスタート。同スキー場のオープンに合わせて提供の場を設けている。今年も11月いっぱい回収を受け付けていた。従来のふうれん地域交流センターに加え、新たに名寄地区の市民文化センターでも回収。昨年と比べ多くの用品が集まった。
 当日はスキー60組、ブーツ40足、ウエア20着、スノーボード4台を用意したが、会場を訪れた親子は早速、目当ての用品を探し求めていた。

(写真=風連町スキー協会が実施した恒例のリサイクル事業)

[ 2010-12-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.