地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年12月14

再整備に難色答弁
名寄市議会一般質問・風連中学校校舎の利活用で

 【名寄】第4回名寄市議会定例会の13日午後は、駒津喜一議員(市政クラブ)、田中好望議員(緑風クラブ)、竹中憲之議員(市民連合)が一般質問で理事者の考えをただした。田中議員は風連地区の福祉センター、診療所、風連中学校校舎移転に伴う公共施設の跡地と施設利用で質問し、佐々木雅之総務部長は、福祉センター跡地を緑地広場、診療所跡地を駐車場として活用する方向を示した。一方、風連中学校校舎は、改築に莫大な費用がかかるため、老人福祉施設としての活用提案があったものの、構造や耐震上の課題があることから、「活用には新築に匹敵するほどの改築費用が必要」と答弁した。

[ 2010-12-14-19:00 ]


条件整えば給食実施検討
美深町議会理事者答弁・中高一貫教育の導入は困難

 【美深】第4回美深町議会定例会が13日、町役場で開会。会期を16日まで(15日は休会)とした後、5議員が一般質問。南和博議員は学校給食事業への取り組みで「まちづくり懇談会の中で『検討したい』との発言をされたが、その真意は」と質問。山口信夫町長は「給食実施に踏み込んだ話ではなく、行うとしたらどのような方向性が適当か問い直した。上川管内で給食未実施は美深、音威子府、中川、愛別の4町村しかないが、住民の期待は高く、重たい課題。必ずしも実施するというものではないが、財政状況や現状の弁当給食、食育推進などの問題で条件が整えば検討したい」と答弁した。

[ 2010-12-14-19:00 ]


長蛇の列でき完売
なよろ地域商品券・最高1万円抽選で好評

 【名寄】名寄地区限定のプレミアム抽選付き「なよろ地域商品券」が、12日に名寄商工会館で発売された。抽選で最高1万円の商品券が当たるということもあり、会場には販売開始時間前から長蛇の列ができ、用意された2300セット(1枚1000円で、1セット10枚入り)が午前中で完売した。
 同会議所での販売は当初、午前10時からを予定していた。しかし、抽選で最高1万円の商品券が当たる魅力が後押しして、当日は販売開始時間の1時間半前以上から並ぶ姿が見られたほか、30分前には会場の外まで長蛇の列ができたため、15分早め、午前9時45分から販売をスタート。やっとの思いで商品券を手にした市民は、さっそく中身を確認しながら笑顔で会場を後にしていた。

(写真=多くの人が並んで買い求めた地域商品券の販売)

[ 2010-12-14-19:00 ]


山口氏が出馬意向示す
来年4月の美深町長選挙に

 【美深】美深町の山口信夫町長(65)は、13日の町議会定例会終了後、来年4月に予定されている次期町長選挙に出馬する意向を示した。
 山口氏は昭和20年10月、音威子府村の生まれ。美深高校卒業後、美深町役場入り。農林課長、財政課長、教育次長を経て、平成16年10月に教育長。19年4月の町長選挙で初当選した。
 美深町長選挙への出馬意向を表明したのは山口氏が初めて。山口氏は「23年度からの新しい美深町総合計画をまとめた。計画に責任を持ち、事業を推進していきたい」と出馬の意志を固めた理由を語った。
 18日に山口氏後援会の役員会を開くことにしており、その席上で出馬を正式に表明する。

[ 2010-12-14-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.