地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年11月27

駅横地で取得状況説明
名寄市議会経済常任委・複合交通センの市民意見も

 【名寄】名寄市議会経済常任委員会(木戸口真委員長)が25日、市役所名寄庁舎で開かれた。市が、JR名寄駅横整備事業にかかわるJR用地などの取得状況で、用地売買が当初予算を若干上回る2184万円となったものの、倉庫や車庫などの物件補償契約額は当初予算を大幅に下回る4810万円になったことを説明。また、同駅横に整備する複合交通センター(仮称)の施設内容で、パブリック・コメントによる市民意見の募集結果も報告した。

[ 2010-11-27-19:00 ]


将来展望が伝わる計画
下川5期総計・文梨審議会長が町長へ答申

 【下川】下川町総合計画審議会(文梨政幸会長、町民委員20人)の第5期総計策定に関する基本構想や基本計画の審議が終了。25日にハピネスで開かれた22年度、8回目となる審議会で、文梨会長が安斎保町長に答申した。
 文梨会長が「審議の結果、町の将来展望を広く住民に伝えることができるものと確信した」とあいさつ。安斎町長は「慎重な審議ありがとうございます。さらに素案を見直して12月の町議会定例会に提出したい」と話した。この後は福祉・教育など各部会が、答申付託意見を報告した。

(写真=第5期総合計画の審議で安斎町長に答申した文梨会長)

[ 2010-11-27-19:00 ]


準特選に選ばれ表彰
智恵文小学校・弘済会の研究論文で

 【名寄】智恵文小学校の稲垣克男校長が書いた研究論文が、日本教育公務員弘済会北海道支部が募集した研究助成論文で準特選に選ばれ、このほど表彰状が送られた。
 同会は、教育活動の支援を目的に個人研究と学校研究の部門に分けて毎年、教育研究論文を募集。入選した個人・学校に研究助成金を贈っている。今年も道内各地から164編の応募があり、同校の論文は学校研究部門で最高位の特選に次ぐ準特選に選ばれた。
 同校へは、日下義朗同支部推進役参事らが訪れ、稲垣校長に表彰状を手渡した。稲垣校長は「本校の研究成果が認められて光栄です。今後も研究を深め、子供たちの教育に寄与していきたい」と喜んでいた。

(写真=表彰状を受け取った智恵文小の稲垣校長)

[ 2010-11-27-19:00 ]


B☆B来訪に大喜び
美深幼児センの子供たち

 【美深】北海道日本ハムファイターズのマスコット「B☆B」が25日、美深町幼児センター(清水目桂子センター長、園児110人)を訪問。子供たちは「B☆B」の来訪を大いに喜ぶとともに、間近で触れ合った。
 日ハムと北海道コカ・コーラボトリングがタイアップした社会貢献活動で、「B☆Bとあそぼう」と題して、プロ野球シーズンオフ中に全道の幼稚園を訪問している。
 幼児センターホールには多くの子供たちが集まり、背後から「B☆B」が登場すると大きな歓声が沸き起こった。「B☆B」の自己紹介に続き、特技とされるピアノ演奏を披露し、園児全員で「さんぽ」を合唱した。

(写真=「B☆B」と間近に触れ合う子供たち)

[ 2010-11-27-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.