地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年11月11

今年もダンプ不足予想
名寄市の除排雪実施計画・堆積場増やして効率アップ

 【名寄】名寄市は、22年度の除排雪実施計画をまとめた。名寄、風連両地区ともに全線民間委託の除排雪体制としており、当初予算は約3億2700万円で、前年度並みとしている。また、排雪作業については、市内業者の市外公共工事に伴ってダンプ不足となった昨シーズンと同様、今シーズンも一定台数のダンプ確保が困難と予想しているため、作業現場周辺に堆積(たいせき)場を増やして運搬時間短縮などの効率アップを図り、見通しの良い道路環境整備に努める考えだ。
 また、住民による道路への雪出しで車道幅が狭くなることに伴う交通事故も懸念されるため、未然防止策として、各町内会と連携して注意を促すのぼりを設置。道路への雪出し防止を呼び掛けている。

[ 2010-11-11-19:00 ]


品質考慮し出荷前倒し
北はるか農協産カボチャ・貯蔵施設完成したが

 【美深】北はるか農協(中瀬省組合長)では、カボチャの出荷作業が間もなく終了。同農協では今年3月完成の定温貯蔵施設を活用し、出荷期間延長を図ろうとしたが、今シーズンは7月の長雨と収穫時期が高温だった影響で品質は低下。実の歩留まりや傷みといった品質面などを考慮して、出荷を前倒しせざるを得ない状況で、当初計画に比べ1カ月ほど早い今月15日ごろまでに作業は終了する見込みだ。
 美深町富岡14線にある物流センターでの受け入れ重量は1540トンとなり、前年並みの数値だったが、例年平均の1800トンと比べると85%程度となっている。

[ 2010-11-11-19:00 ]


食道がんなど早期発見
名寄のたに内科クリニック・NBI装置を新たに導入

 【名寄】名寄市西8南11のたに内科クリニック(谷光憲院長)では、このほど、内視鏡検査で発見が難しい早期の食道がんなどを見つけることができる狭帯域光観察(NBI)装置を導入した。経鼻内視鏡でNBI装置を備えた施設は、旭川以北では同クリニックが初めて。谷院長は「これまで以上に多くの早期がんを見つけ、早期治療につなげたい」と話している。
 新たに導入したNBI装置は、粘膜表層を高いコントラストで観察できる装置。従来の経鼻内視鏡はそのまま使用し、ボタン操作一つで特殊な光を当てて食道内などを観察することで、がんなどの病変を早期の段階で発見できる可能性が高まるという。

(写真=がんの早期発見に努めたいと語る谷院長)

[ 2010-11-11-19:00 ]


北海道大会で健闘
風連トランポリン協会

 【名寄】風連トランポリン協会(日根野正敏会長)は6、7の両日、江別市で開かれた第32回北海道トランポリン競技選手権大会に出場。女子シンクロナイズド選手権Bクラスで菊地美帆さん(名寄高1年)、小林舞さん(風連中3年)ペアが準優勝に輝くなど健闘した。
 同大会は、北海道トランポリン協会登録選手のみが出場できる道内最高峰の大会で、全道各地から約160人が出場。風連トランポリン協会からは10人がエントリーし、切れのある演技を披露した。この結果、男子団体戦で、菊地健汰君(風連中1年)、小泉恭幸君(同)、小泉秀斗君(風連中央小2年)の平均年齢最年少チームが6位。個人選手権権Bクラスで小泉君5位、菊地君6位。シンクロナイズド選手権Bクラスで小泉君、菊地君ペアが4位入賞。一方、女子は菊地さん、小林さん、小林優さん(風連中1年)の3人が組んだ団体戦で6位。シンクロナイズド選手権で菊地さん、小林さんペアが準優勝を収めた。

(写真=入賞を果たすなど健闘した風連トランポリン協会)

[ 2010-11-11-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.