地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年11月7

25年度着工で構想
名寄市立総合病院精神科病棟と駐車場

 【名寄】名寄市立総合病院(佐古和廣院長)は、老朽化している精神科病棟の改築と、スペースが不足している駐車場の拡張整備の一体的事業化に向けた検討を進めている。同病棟改築工事を25、26年度、駐車場整備を27年度に取り組む構想で、総合計画搭載事業の優先順位を決める市長ローリングの協議事業にも盛り込んでおり、同院では「事業実施は23年度予算を決める市長査定の中で判断されるが、予算化された場合、23年度に行う基本設計の中で事業内容を具体化させる」と話している。
 精神科病棟は、建設から39年が経過して老朽化が進んでおり、改築の必要性が高まっている。また、駐車場は同院敷地内で約200台のほか、施設周辺に150台分の駐車場を整備しているが、現在の利用状況からすると70台程度が不足。さらに、冬期間になると雪の影響でスペースがより狭くなるため、現状のほかに合計約100台分の駐車場が必要とされている。

[ 2010-11-07-19:00 ]


下川町に総務大臣賞
過疎地域自立活性化表彰・森林生かしたまちづくり評価

 【下川】下川町は循環型森林経営を基盤とした森林資源を生かしたまちづくりが評価され、平成22年度過疎地域自立活性化優良事例表彰の総務大臣賞受賞団体に選ばれた。安斎保町長が18日に東京都千代田区で開かれる「全国過疎問題シンポジウム2010inとうきょう(全大会)」の席上で表彰を受ける。
 同表彰は、地域の自立と風格の醸成を目指した過疎地域の取り組みを奨励することを目的に、創意工夫を持って過疎地域の活性化に取り組み、優れた成果を上げている過疎地域の先進的事例にふさわしい団体を表彰するもの。総務省と全国過疎地域自立促進連盟で実施している。
 優良事例を過疎地域自立活性化優良事例表彰委員会で選定した結果、全国から総務大臣賞4団体、全国過疎地域自立促進連盟会長賞2団体を決定した。地方自治体または道内の22年度受賞団体は下川町のみ。

[ 2010-11-07-19:00 ]


功労賞に市村茂雄さん
下川体協で合計3人を表彰

 【下川】22年度下川町体育協会(森茂会長)の表彰式並びに祝賀会スポーツ愛好者の集いが5日、バスターミナル合同センターで開かれた。
 加盟団体関係者、来賓など合わせて120人が参加した。今年は、スポーツ功労賞に下川テニス協会長の市村茂雄さん。スポーツ賞に下川商業高校スキー部の馬淵源さん、高橋真情さんが選ばれた。
 森会長が「本日は、スポーツの発展に大きな功労のあった1人、優れた成績を残した高校生2人を表彰する。受賞者がこの表彰を契機に、さらに各分野で技術向上に努められることを期待している」とあいさつ。受賞者紹介後、森会長からそれぞれに賞が手渡され、会場から大きな拍手が送られた。

(写真=スポーツ功労賞の表彰を受けた市村さん)

[ 2010-11-07-19:00 ]


公共サービスに不可欠
下川商高3年が税に理解深める

 【下川】下川商業高校(土井博之校長)3年生29人を対象とした租税教室が5日、同校視聴覚室で開かれた。
 就職に備えて、税金への理解を深めてもらうのが狙い。講師は旭川中税務署税務広報広聴官の伊藤慎吾さん。
 伊藤さんはクイズ方式でいろいろな税を説明。「税金は道路や上下水道など社会資本、警察や消防、教育、福祉など公共サービスにかかる費用をまかなうもの。税金がなくなったら警察、救急車や消防車を呼ぶのにもお金が掛かるかもしれません」など税金の大切さを話した。さらに脱税の摘発に目を光らせている国税局査察部の仕事、国の財政などを紹介。生徒たちは1億円分の1万円札束と同じ重さの紙束を持って、その重さを体験するなど楽しみながら、税に理解を深めていた。

(写真=1億円分の1万円札束の重さを体験した生徒たち)

[ 2010-11-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.