地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年10月27

財政事情考慮し柔軟対応
名寄市の総合計画・加藤市長が初ローリング作業

 【名寄】名寄市総合計画(第1次)の22年度市長ローリング作業が、27日から市役所名寄庁舎で始まった。各部局から出された同計画前期(19年度〜23年度)に取り組む予定事業をまとめ、緊急性などに配慮した実施事業の優先順位を決めるもので、4年目を迎えた本年度のローリング作業には総務、建設水道、健康福祉、教育などの各部局から28本の協議事業が出されており、前期計画が最終となる来年度までの予算にどのように盛り込むか検討している。
 加藤剛士市長は、初めてとなるローリング作業に対する考え方で「選挙公約の中で掲げた内容も含めた肉付け予算に取り組めるよう、各部局から出された事業をしっかりと見極めたい」と話し、今後取り組む各種事業が注目されている。

(写真=27日から始まった総合計画のローリング作業)

[ 2010-10-27-19:00 ]


うるち、もち全量1等
JA道北なよろ・産米出荷作業が終盤迎える

 【名寄】JA道北なよろの、22年産米の出荷が終盤を迎えている。22日現在、うるち米、もち米ともに出荷された米はすべて1等米と品質的には良いものの、春先の天候不順に加え、高温障害もあって、全体的な収量は平年よりもやや落ちている。さらに、ほ場差も大きい。
 22日までの出荷検査が終了したのは、うるち米、もち米は加工用米も含めて19万1864俵(1俵60キロ)。このほかに未検査分を合わせると24万9714俵で、出荷作業も終盤に入っている。本年産米の総出荷量を約25万4000俵程度と見込んでおり、11月中旬にはすべての作業が終了するものとみている。

[ 2010-10-27-19:00 ]


ベストを尽くしたい
スペシャルオリンピックス・名寄地区会の小峰さん全国へ

 【名寄】第5回スペシャルオリンピックス日本(SON)夏季ナショナルゲーム・大阪大会の陸上種目に出場する、SON北海道名寄地区会(久保田宏会長)に所属の小峰雅典さんが25日、市役所名寄庁舎の加藤剛士市長を訪れ、「大会でベストを尽くしたい」と抱負を語った。
 SON夏季ナショナルゲームは4年に1度の開催で、今年は大阪を舞台に11月5日から7日までの日程で開かれる。北海道選手団(新沼透団長・紋別地区会)からはアスリート12人が出場予定。小峰さんは陸上競技1500メートルと1600メートルリレー(4×400メートル)に出場。同名寄地区会からもコーチや広報のほか、大会ボランティアとして名寄大学生6人が参加する。
 大会に向け、加藤市長は「障害を持ったすべての皆さんが、生き生きとした生活が送れるよう、その見本となる小峰さんの活躍を願っている。北海道代表として自信を持って頑張ってほしい」とエールを送った。

(写真=加藤市長と握手を交わす小峰さん)

[ 2010-10-27-19:00 ]


踊りや演芸など披露
名寄ピヤシリ大学で芸能発表

 【名寄】名寄ピヤシリ大学(学長・藤原忠市教育長)の「第21回大学祭」芸能発表が26日、市民文化センターを会場に開かれ、発表が終わるごとに会場から大きな拍手が送られた。
 芸能発表は20日からの作品展示で幕開けした大学祭を締めくくるもので、学生たちがそれぞれの学年やグループで練習してきた踊りや劇、演芸などを披露した。
 トップを飾った院1年生は息の合った「阿波踊り」、2年生は会場の笑いを誘う「二人羽織もどき『一心異体』」、同窓生も詩吟「氷雪の門」を披露したほか、合唱クラブの発表もあり、趣向を凝らしたステージで盛り上がった。

(写真=それぞれ練習してきたステージ発表で盛り上げた学生)

[ 2010-10-27-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.