地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年10月23

悪質滞納者に厳しい措置
名寄市の21年度市税収納状況・現年度分は全道2位

 【名寄】名寄市は21年度の市税収納状況をまとめた。納税者の諸事情に配慮した柔軟な対応や、悪質滞納者への差し押さえも含めた厳しい措置の実施により、現年度分の収納率が全道(35市)2位となる98・7%で、滞納繰り越し分を合わせても5位と、行政努力によって高い収納率となった。
 また、収納率アップの新たな対策として、差し押さえた物件などの「インターネット購買」にも取り組むこととしており、今後の収納対応にも期待が寄せられている。

[ 2010-10-23-19:00 ]


今年は12月4日開催
名寄の地産地消フェア・料理コンテスト作品募集

 【名寄】「2010地産地消フェアinなよろ」は同実行委員会の主催で、12月4日午前10時から市民文化センターで開かれる。また、関連イベントとなる「名寄産の農産物を使ったアイデア料理コンテスト」を、11月23日に開催することとしており、作品を募集している。
 地元で生産している農畜産物の活用を推進し、食育を通じた食生活の改善や地元食材の高度利用・付加価値向上による食品や特産品づくりを目指すことなどを目的に毎年開催。
 同フェアでは、農畜産物加工品や市内業者特産物などの販売コーナーをはじめ、地元食材を活用した試食コーナー、もちつき体験やそば打ち実演、牛乳・牛肉・豚肉消費拡大活動、名寄産米のPRコーナーなど。また、事前に審査を行う同コンテストの表彰式や「食」をテーマとした講演会も予定している。

[ 2010-10-23-19:00 ]


元気に育ってわが家へ
下川サンル牧場で退牧作業

 【下川】町営サンル牧場の退牧作業が21日、同牧場パドックで行われた。
 同牧場は面積約350ヘクタールの町直営牧場。放牧中の牛の育成ほか人工授精が行われ、酪農家の省力化に大きな役割を果たしている。
 退牧作業は町職員、酪農家、北はるか農協下川支所職員25人が出動して行われた。受胎確認済みの乳牛などは既にわが家へ帰っており、この日は町内の311頭が退牧。パドックに集められた乳牛は、耳に取り付けられた認識番号で次々に大型トラックへ運ばれた。
 広い牧場生活に慣れた乳牛の中には「乗車拒否」をする光景も見られたが、大半がわが家へ向かった。

(写真=退牧作業が行われた町営サンル牧場)

[ 2010-10-23-19:00 ]


健やかな成長願う
名寄・南小児童が植樹など体験

 【名寄】上川北部森林管理署(平尾進署長)主催の自然環境学習が21日、市内日進の国有林「遊々の森」で行われ、参加した名寄南小学校(三栖雅之校長)の3年生児童は、アカエゾマツの植樹や森林散策などを体験した。
 名寄南小と上川北部森林管理署は平成17年に、森林内での体験活動や学習活動を継続的に行える「遊々の森」の協定を締結。同森は、ピヤシリスキー場から約400メートル奥にある国有林の一部で、同校児童によって「南小の森(なんしょうのもり)」と名付けられた。
 児童は3班に分かれ苗木を植えるための再生紙段ボール製のポット「カミネッコン」を作製。カミネッコンに30センチから40センチの大きさに育ったアカエゾマツの苗木を入れ、しっかり土をかぶせるなど作業。カミネッコンに移植した苗は、同森内の日当たりの良い場所に丁寧に定植。児童は自分の名前を記した標木を立て、健やかな成長を願っていた。

(写真=植樹体験などを行った名寄南小3年児童)

[ 2010-10-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.