地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年10月22

歴史ある鉄道財産を後世へ
排雪列車キマロキ編成・JR北海道が準鉄道記念物に

 【名寄】名寄市北国博物館前に展示されている排雪列車「キマロキ」編成の準鉄道記念物指定書の授与式が21日、同展示会場で行われた。この指定は、歴史ある鉄道財産を後世へ残していくことを目的に、JR北海道が実施している。全国で唯一現存するキマロキ編成として知られている列車だが、今回の指定によりJR北海道のお墨付きを受けた形となった。
 指定書授与式には関係者約50人が出席。馬場雅史JR北海道旭川支社長から加藤剛士市長に、準鉄道記念物の指定書とプレートが手渡され、馬場支社長が「保存状態の素晴らしさに感謝したい。引き続き鉄道を愛してもらいたい」とあいさつ。加藤市長が「今回の指定は、35年にわたりキマロキを守ってきた保存会の努力のたまものと感謝したい」と話した。セレモニー終了後、キマロキ保存会により機関車の汽笛が鳴らされるなど、準鉄道記念物指定を祝った。

(写真=キマロキ前で行われた準鉄道記念物指定書の授与式)

[ 2010-10-22-19:00 ]


対応マニュアル作成へ
名寄市・要保護児童数が年々増加

 【名寄】子供を暴力などで苦しめる虐待事件が全国的に発生し、大きな社会問題となっている中、名寄市でも年々虐待相談は増加の一途をたどっており、児童虐待の早期発見、未然防止を図るためのマニュアル作成を進めている。
 市の過去3年間の要保護児童数は、平成19年度8人、20年度9人、21年度20人。本年度も増加傾向にあり、9月末現在で18人と昨年度を上回る勢い。被虐待児童は小学校低学年以下が多く、虐待ケースはネグレクト(育児放棄)と暴力の各9件。このうち、3人が旭川児童相談所の一時保護を受けている。
 名寄市版の対応マニュアルは、北海道子どもへの虐待対応マニュアルを基にして本年度中に作成。地域の実情を組み込むとともに、具体的な対応法を分かりやすくフローチャートで示す内容にし、学校などの関係機関に配布することにしている。

[ 2010-10-22-19:00 ]


天塩川流域住民と懇談
高橋知事・まちかど対話で美深訪れる

 【美深】高橋はるみ道知事は21日、美深を訪問。「まちかど対話」を通して、住民と天塩川流域の地域活性化策を話し合った。
 総合振興局(旧支庁)管内を巡る「まちかど対話」は平成15年からスタート。今年は上川をはじめ4総合振興管内14市町村を訪問。今回は剣淵、美深、音威子府、中川を訪れた。
 住民との懇談には和寒の酒向勤さん(北海道カナディアンカヌークラブ代表)、名寄の室敬子さん(ナヨロカヌークラブ会員)、美深の草野孝治さん(町産業施設課主幹)、音威子府の佐近勝さん(天塩川と共生する会副会長)、中川の川口精雄さん(ナナカマド林業グループ代表)が出席。
 住民側から天塩川流域市町村は河川とともに発展したことと、カヌー大会の「ダウン・ザ・テッシ‐オ‐ペッ」を紹介。来年は第20回の節目として風連〜天塩間の100マイルカヌーを検討していることを話した。高橋知事は「地域それぞれ創意工夫を凝らしたイベントは素晴らしいこと。さらに食のイベントも企画してみてはどうか」と提案した。

(写真=カヌー大会など流域活性化策を聞いた高橋知事)

[ 2010-10-22-19:00 ]


自身の味覚を試す
美深商工会で利き酒大会

 【美深】美深町商工会(園部一正会長)主催の第7回全町利き酒大会が21日、SUN21で開かれ、多種のビールや日本酒を味わいながら自身の味覚を試した。
 平成16年から開催している秋季恒例の大会で毎年、酒の愛飲家から好評を得ている。今年は過去最高の54チームが参加。1チーム3人の団体戦で、日本酒とビールのそれぞれ4銘柄のうち2銘柄を当てるルール。
 まず自席で日本酒とビールの各銘柄を試飲。香り、色合い、味、のど越しといった特徴を記憶した。その後、各2銘柄の日本酒、ビールを味わい、特徴を思い出しながら解答。自信を持って答えを用紙に書き込む人がいる一方、銘柄間の違いが分からなくなって悩みながら解答する人も。
 点数集計作業中に余興として焼酎、ウイスキーの利き酒もあり、商品券獲得を目指し、盛り上がりを見せていた。

(写真=日本酒とビールの利き酒に挑戦する参加者たち)

[ 2010-10-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.