地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年10月12

将来負担比率減少続く
美深の財政健全化判断比率・すべて基準値下回る

 【美深】美深町は、21年度決算に基づいた財政健全化判断比率をまとめた。一般会計の実質赤字比率、公営企業会計も含めた連結実質赤字比率は黒字決算だったため数値なし。また、実質公債費比率、将来負担比率は早期健全化基準値を下回るとともに、両比率とも前年度と比べて数値は改善している。
 美深町の財政規模は近年、一般会計で40億円台前半、特別会計も含めると60億円前後で推移している。実質赤字比率と連結実質赤字比率は、21年度(単年度)決算の一般会計実質収支額が1億8420万5000円の黒字。さらに特別会計も含めた実質収支額は2億1561万3000円の黒字決算で、水道事業や簡易水道事業、下水道事業の公営企業で資金不足が生じなかったことから、前年度と同様に数値なしだった。

[ 2010-10-12-19:00 ]


11月4日から開催
名寄でまちづくり懇談会・今年から風連地区4会場も

 【名寄】名寄市町内会連合会(中村雅光会長)主催の「22年度まちづくり懇談会」が、11月4日の名寄東小学校区域を皮切りに名寄地区六会場、風連地区4会場で開かれる。
 懇談会は、地域住民の声を反映したまちづくりを進めることを目的に毎年開催。本年度からは、行政区から町内会組織に移行も風連地区も加え、全82町内会を対象として小学校区ごとに開催する。
 懇談会では、市が福祉や医療など幅広く市政課題を説明して市民から意見などを聞くほか、同連合会事務局が事前に調査した各町内会における懸案事項や要望などで、市が回答するほか、意見交換も行い、市民の声を今後の行政に反映させる。

[ 2010-10-12-19:00 ]


鈴木さんら7個人表彰
名寄・スポーツ愛好者の集い

 【名寄】名寄市体育協会(吉田肇会長)の第42回名寄市スポーツ愛好者の集いが11日、紅花会館で開かれた。席上、スポーツ表彰授与式が行われ、スポーツ功労賞の1個人、ジュニアスポーツ奨励賞の6個人の功績をたたえた。
 本年度の表彰受賞者は、スポーツ功労賞が名寄フォークダンス協会の鈴木千佳子さん。ジュニアスポーツ奨励賞は、会長推薦で柔道の山下健介君、名寄地方スキー連盟の渡辺知也君と瀬川友君、安藤翼君、石垣楓さん、北海道名寄銃剣道連盟の高田尚君。
 集いには、同協会加盟団体から165人が出席。吉田会長が受賞者一人一人に表彰状と記念品を手渡した。受賞者を代表して鈴木さんは「このような栄誉あるスポーツ賞をいただくことができ、大変うれしく思っています」と謝辞を述べた。

(写真=吉田会長から表彰を受けるスポーツ各賞の受賞者)

[ 2010-10-12-19:00 ]


運動に親しみ健康増進
名寄・スポーツフェスで施設開放

 【名寄】名寄市教育委員会主催の「2010スポーツフェスティバル」が「体育の日」の11日、市内の各種体育施設で開かれ、多くの市民が運動に親しみながら健康増進を図った。
 同フェスは、名寄市体育協会、風連町体育協会、風連スポーツクラブ「ポポ」、名寄市公民館、風連公民館との共催。通常は有料の体育施設を無料開放し、市民にスポーツを楽しんでもらうことを趣旨としている。
 スポーツセンター会場では体力テストを実施。幼児から高齢者まで幅広い年齢層の市民が参加し、全年齢を対象とした上体起こしや長座体前屈、握力測定が行われたほか、64歳以下では反復横跳びや立ち幅跳び、65歳以上は開眼片足立ちや10メートル障害物歩行などに挑戦。測定結果を全国平均値と比較して自分の体力年齢を確かめ、今後の体力づくりに結び付けた。

(写真=体力テストなどが行われたスポーツセンター)

[ 2010-10-12-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.