地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年10月7

11月に累計100万人達成へ
道の駅なよろ・前年度上半期を上回る利用

 【名寄】「道の駅もち米の里☆なよろ」の利用が順調に推移している。本年度上半期(4月〜9月)をみても、4月は前年度同月を下回ったものの、高速道路無料化の効果で7月が大幅に増えるなど9月末現在で前年度同期を約9000人上回る利用となっている。この結果、20年4月のオープンから2年半での累計利用者数は約94万人に達した。このままでいくと、100万人の利用者数を11月中には達成しそうな状況となっている。
 道の駅なよろは、20年4月に名寄市の南側玄関口に当たる風連町西町にオープン。もち米の里・ふうれん特産館(堀江英一社長)が、指定管理者として管理・運営に当たり、レストランや特産品販売コーナー、トイレなどを備えている。北海道じゃらんが実施した道内の道の駅満足度調査では、20年度が2位、21年度が3位に入るなど、利用者からの評価が高い道の駅となっている。

[ 2010-10-07-19:00 ]


迫力の訓練展示に拍手
自衛隊名寄駐屯地・レンジャー訓練塔の完成祝う

 【名寄】陸上自衛隊名寄駐屯地(高橋武也司令)のレンジャー訓練塔落成式が5日、同駐屯地営庭で行われた。
 訓練塔は、高さ約18メートルと約10メートルの2塔からなり、ヘリコプターからのロープ降下や急斜面の登行、渓谷などの横断を想定したロープ橋など、レンジャー隊員に不可欠な技能訓練が可能。今年5月に着工し9月末に完成した。
 落成式には隊員、来賓ら合わせて約150人が出席。テープカットで訓練塔の完成を記念した後の訓練展示では、レンジャー隊員が、地上約10メートルに張られたロープの上を移動するセーラーやひざ裏でロープにぶら下がりながら移動するモンキー渡りを披露。続いて、高橋司令をはじめ各中隊長、レンジャー隊員が、地上約15メートルからロープ1本で降下するリペリングを行った。スピード感あふれる迫力の訓練展示に、来賓から拍手が送られていた。

(写真=名寄駐屯地営庭に完成したレンジャー訓練塔)

[ 2010-10-07-19:00 ]


緊急時の対応など学ぶ
名寄東小コミカレで講話

 【名寄】名寄東小学校コミュニティカレッジ(学長・金子謙治同校長)の講話が5日、同校で行われた。
 同カレッジは年齢にかかわらず生涯にわたって学習できる大学。年数回、外部講師を招いた講話で学生がさまざまな分野の知識を深めている。
 今回の講師は名寄消防署の谷口直寿さんで、テーマは「高齢者救急の現状とその対応と処置」。谷口さんは「携帯電話から119番に掛けると、掛けている地域の消防本部へ掛かるので、名寄で掛けると市外局番なしでも名寄の消防本部につながります。救急車は年間510万件、6・2秒に1回出動しています。国民27人につき1人が搬送されている計算です。急病が圧倒的に多く、57%が入院の必要があります」などと話した。学生は話を熱心に聞きながら、緊急時の対応などを学んでいた。

(写真=谷口さんを講師に話を聞いた講話)

[ 2010-10-07-19:00 ]


11日に「びふかあそび広場」

 【美深】びふかスポーツクラブ主催の体育の日イベント「びふかのあそび広場」が、11日午前9時45分から町民体育館を会場に開かれる。
 当日は午前10時の開会式で、レラカムイ北海道バスケットボールスクール講師の大内拓也さんが「フリースタイルバスケットショー」を披露。同10時半からストラックアウト、フリースロー、玉入れ、輪投げなどの「びふか近代8種競技」で、幼児から高齢者まで楽しめる。
 昼食(カレーライス)を挟み、午後1時から青空トランポリン、ウオーキング・ノルディックウオーキング教室、体力測定、健康チェック、健康相談。同2時に閉会。
 町民対象で、参加料はクラブ年間会員無料、会員以外は昼食・保険料込みで700円。持ち物は運動のできる服装、上靴、タオル、飲み物。申し込みは、8日までに同クラブの前田さん(美深町文化会館内、電話01656―2―1744)へ。

[ 2010-10-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.