地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年10月1

望湖台は23年度末まで
名寄市議会定例会・財政状況など理由に廃止

 【名寄】名寄市議会の21年度決算審査特別委員会(竹中憲之委員長)の30日は、病院事業会計と水道事業会計で質疑を行った。また、同委員会終了後の本会議で加藤剛士市長が発言を求め、ふうれん望湖台センターハウスの存廃検討結果で「施設の老朽化や財政事情などから22年度末で廃止を検討し、地域住民団体から提出された運営継続に関する請願の趣旨採択も含めて意見交換した。結果、住民要望を尊重しながらも、二つの公共温泉施設を維持するのは財政上厳しいため、当初予定より1年間先送りして、23年度末で運営を終了することに決めた」と廃止する方針を示した。

[ 2010-10-01-19:00 ]


石器のはく片など出土
下川・北町J遺跡で発掘作業進む

 【下川】サンルダム建設に伴う水没予定地で、今年も埋蔵文化財の遺跡発掘調査が行われている。調査を行っているのは道教委などの現地調査で発掘が必要とされた場所。今年で5年目となる。旭川開発建設部の委託を受け、北海道埋蔵文化財センター(江別市)が調査に当たっている。
 今年は9月1日から遺跡南側3000平方メートルで調査を開始。下川、名寄から雇用された23人が作業に当たっている。手作業で土を掘り、石器のはく片などが顔を見せると、移植ベラで土を慎重に取り除き、写真撮影などで記録した後、収集する。毎日の作業は重労働だが、初めて参加した26歳の女性は「何千年前のものを実際に手に触れることができ、感動しています」と楽しそうだ。

(写真=遺跡発掘調査が行われているサンルダム水没予定地)

[ 2010-10-01-19:00 ]


厨芥類の混入多く
名寄市環境衛生推進員協・最終処分場搬入ごみ分別指導

 【名寄】秋の清掃週間(28日〜10月2日)にちなみ、名寄市環境衛生推進員協議会(田村公男会長)の最終処分場搬入ごみ分別指導が、28日から10月2日までの5日間、市内内渕の一般廃棄物最終処分場で行われ、搬入ごみの分別状況に目を光らせている。
 同協議会は市内町内会から選出された推進員で組織。地域の清掃保持やごみの分別収集推進、不法投棄パトロールなど、地域の環境美化推進で活動。
 秋の清掃週間初日の28日に行われた搬入ごみの分別指導には、推進員、市職員合わせて8人が参加。処分場内のごみの分別確認では、新聞紙などに包まれた生ごみや紙類など炭化ごみの混入が多く見られ、推進員は「6年ほど前から分別の徹底を呼び掛けているが、まだまだ市民に浸透しきれていないのが実情」と落胆の表情。また、処分場を訪れたトラックの荷台のごみを厳しくチェック。混入された資源ごみなどを正しく処分するよう指導する光景が見られた。

(写真=分別状況を確認する衛生推進員)

[ 2010-10-01-19:00 ]


個人は中屋君がV
名寄剣道連盟・交流大会低学年団体で優勝

 【名寄】名寄剣道連盟(岡崎望会長)所属の少年剣士たちが、このほど、天塩町で開かれた第17回北部北海道天塩地区剣道交流大会小学生低学年の部(1〜4年生)団体で優勝するなど好成績を残した。
 小学生低学年の部団体の出場選手は、中屋尚央君(豊西小2年生)、早坂恵達君(西小2年生)、室田大夢君(南小4年生)、宇都伸太郎君(中名寄小3年生)、畑田洋平君(西小4年生)の5人。1回戦と準々決勝は、順調にストレート勝ちを収めたが、準決勝、決勝ともに大将戦にもつれ込む接戦。結果、大将の畑田君が勝負を決め、先月開催の中川町スポーツ少年団創立記念剣道大会に続いての団体優勝。一方、個人戦では、中屋君が小学生2年生以下の部決勝戦で、前大会決勝で敗れた選手相手に、つばぜり合いからの引き小手で勝利。雪辱を晴らしての優勝を果たした。

(写真=天塩地区剣道交流大会で好成績を収めた少年剣士たち)

[ 2010-10-01-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.