地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年9月21

大学運営も総計が基本
名寄市議会一般質問・23年度から外部評価を導入

 【名寄】第3回名寄市議会定例会は、21日午前中、大石健二議員(緑風クラブ)と佐々木寿議員(市政クラブ)が一般質問を行い、理事者の考えをただした。
 大石議員の名寄市立大学将来構想の質問に、三澤吉己大学事務局長は、自己点検による内部評価を行って報告書をまとめるとしたほか、「これを基とした外部評価を23年度から導入するため、現在準備を進めている」と答え、理解を求めた。

[ 2010-09-21-19:00 ]


シンジュガイ生息など
下川・サンル川で自然観察楽しむ

 【下川】下川自然を考える会(千葉永二会長)など主催の自然観察会「サンル川でサクラマスの産卵を見てみよう」が20日、サンル川で行われた。
 下川、名寄、札幌、旭川など道内各地から40人が参加し、にぎわいの広場に集合。最初に北町で絶滅危惧(きぐ)種となっているカワシンジュガイを観察。箱メガネなどで水中をのぞき、カワシンジュガイが川底の砂や小石の隙間に殻頂を埋め、後半部を立てながら生息している様子を見て「想像より大きい」「こんな形で生息しているのか」など驚いていた。
 引き続きサンル川上流部で産卵のためにそ上したサクラマスを観察。今年は例年と比べ観察できる数は少なかったが、ペアになって泳いでいる様子や、オスがほかのオスを追い払う様子が見られたほか、産卵床などの観察を楽しんだ。

(写真=カワシンジュガイやサクラマスを見て楽しんだ観察会)

[ 2010-09-21-19:00 ]


最高齢者は満106歳
22年度名寄市長寿を祝う会

 【名寄】22年度名寄市長寿を祝う会が18日、市総合福祉センターで開かれ、市内に居住している米寿、金婚の節目を迎えた長寿者が出席し祝福を受けた。
 名寄市の長寿を祝う会は実行委員会(委員長・中村稔名寄市社会福祉協議会長)を組織して開催。最高齢者をはじめ、白寿者、米寿者、同協議会から金婚の祝いを受ける夫婦が出席する形。
 祝う会の冒頭、アトラクションで名寄市西保育所の子供たち13人が、「証城寺の狸ばやし」「さくら さくら」の遊戯を披露。音楽に合わせて練習成果を精いっぱい発揮し、来場者からは大きな拍手が送られ、祝いの席に花を添えた。
 出席した長寿者に、市や同協議会から記念品が手渡されるなど、記念の節目を祝った。

(写真=加藤市長らから記念品が贈られた長寿を祝う会)

[ 2010-09-21-19:00 ]


来館者の目楽しませる
名寄で老人文化祭の作品展

 【名寄】22年度名寄市老人文化祭の作品展が、18日から20日までの3日間、市総合福祉センターコモンスペースを会場に開かれ、市民が作った個性豊かな作品が、来館者の目を楽しませた。
 市、名寄市社会福祉協議会の主催。60歳以上の市民を対象とした作品展で、実行委員会(委員長・中村稔名寄市社会福祉協議会長)を組織し、準備に当った。サークル活動や個人で制作した作品を出品し、出来栄えを披露するもので、本年度は98人による作品178点が展示。
 皿や花びんなどといった「陶芸」、美しい風景などを描いた「墨絵」、鮮やかな色調の「和紙人形」などのほか、ミニ盆栽や書道、絵画など、丹精込めて作られた作品がずらり。手作りのぬくもりが伝わってくるような作品ばかりで、来館者は1点1点をじっくりと眺める光景が見られた。

(写真=98人による作品178点が展示された作品展)

[ 2010-09-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.