地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年9月18

総合案内窓口設置へ
名寄市議会一般質問・試行実施検証し23年度から

 【名寄】第3回名寄市議会定例会は17日、午後から谷内司議員(清風クラブ)、黒井徹議員(市政クラブ)、日根野正敏議員(凛風会)が一般質問を行い、理事者の考えをただした。
 黒井議員と日根野議員が、市役所名寄庁舎で試行実施した第1回目の総合案内窓口の検証内容などを質問。佐々木雅之総務部長は、約1カ月間で1336人の利用があり、職員意見として挙げられた案内表示や方法、場所、案内図作製などの検証結果を基に改善するとし、23年度からの本格実施に向けて前向きな姿勢を示した。

[ 2010-09-18-19:00 ]


栄養改善普及に尽力
名寄三愛病院の三富さん・厚生労働大臣表彰を受賞

 【名寄】名寄三愛病院の管理栄養士、三富紀代子さんが、栄養改善事業功労者として厚生労働大臣表彰を受賞。「身にあまる賞をいただきました。職員や家族の支えがあってこそ、37年間仕事をしてくることができたと思います」と喜びを語る。
 同表彰は、栄養改善事業の向上や栄養行政に対する協力などでの顕著な功績だけではなく、栄養関係団体の役職従事年数10年以上、年齢50歳以上の者に贈られる名誉ある賞。本年度の道内受賞者は2人のみ。
 三富さんは、名寄女子短期大学を卒業後、個人病院や福祉施設などを経て、平成16年から名寄三愛病院で勤務。現在、栄養科係長として患者の栄養状態チェックなどの職務に当たっている。また、北海道栄養士会名寄支部会員として研修や勉強会に積極的に参加し、資質向上に努めるとともに、昨年まで10年以上役員を務め、支部発展にも貢献している。

(写真=栄養改善事業功労者として表彰を受けた三富さん)

[ 2010-09-18-19:00 ]


ドーリンスク市の思い出を語る
名寄市訪問団が帰国し報告会

 【名寄】友好都市提携を結ぶロシア・サハリン州ドーリンスク市を訪れた名寄市訪問団(長谷川良雄団長)の報告会が16日、市役所名寄庁舎で開かれ、団員たちが交流の思い出などを語った。
 両市の交流事業は、訪問と受け入れを隔年で実施。今年は名寄・ドーリンスク友好委員会(長谷川会長)が中心となり、会員や一般公募した市民合わせて12人が訪問。9日からの5泊6日の日程で、同市創立126周年記念式典への出席をはじめ、障害者学校や病院訪問、市内公共施設見学などを行い、交流を深めてきた。
 報告会では、加藤剛士市長と小野寺一知名寄市議会議長が「行政同士だけではなく、民間交流も重要と考えており、名寄の代表として交流を深めていただき感謝している」などと事業参加に対してお礼を述べた。長谷川団長は「数年前に比べ、食品加工などの新企業が育っているほか、インフラ整備も進んでおり、素晴らしいまちづくりに取り組んでいる印象を受けた」などと報告した。

(写真=加藤市長らに交流内容を語った訪問団の報告会)

[ 2010-09-18-19:00 ]


屋台やミニゲーム楽しむ
名寄市立病院のデイケア祭

 【名寄】名寄市立総合病院「デイケア祭」が16日、同院北側駐車場で行われ、デイケア利用者や職員のほか、多くの地域住民が参加し、楽しい時間を過ごした。
 同院精神科のデイケア施設は、19年4月に開設。社会生活機能の回復を目指すもので、外来の精神障害者が対象。園芸・手芸などの創作活動や生活技能を訓練するソーシャルスキルトレーニングなど、利用者に応じたプログラム活動を展開している。
 デイケア祭は、利用者や地域住民の交流を深める機会として、昨年から開催。テント設営や炭火おこしなど、利用者と職員が協力して準備に当った。焼き鳥やフランクフルト、ジュース、焼きそば、おでんなどの屋台が設置され、おいしそうなにおいが会場いっぱいを包んだ。にぎやかな雰囲気の中、利用者と職員が笑顔で交流を深める光景や近くの保育所から幼児たちが遊びに訪れるなど、初秋のひとときを楽しく過ごしていた。

(写真=にぎやかなひとときを楽しんだデイケア祭)

[ 2010-09-18-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.