地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年9月15

10年間で舗装率10%増が目標
名寄市の市街地市道・計画達成に黄色信号

 【名寄】名寄市の市街地の市道舗装化率は、平成17年度に策定した名寄市総合計画から5年を経過した21年度末で、0・93%のアップにとどまっている。簡易舗装を本舗装としているため舗装化率には変化なく、あまり伸びない側面もあるが、最終年度の28年度までに舗装化率を10%アップする計画。だが、実現には、これにも黄色信号が点滅している状況だ。
 名寄市総合計画によると、名寄市の市街地内の市道延長は、151・3キロ。市道延長距離が長い、名寄地区の舗装距離を伸ばしていくことが、舗装化率アップにつながる。

[ 2010-09-15-19:00 ]


全量1等で好スタート
米の初出荷・風連地区の4農家が持ち込み

 【名寄】風連地区の22年度産米の初出荷が14日、風連検査場所で行われた。この日は、4農家が丹精込めて栽培した自慢の米を持ち込み、全量1等米の好スタートを切った。
 冷夏・多雨だった昨年より半月ほど早い初出荷。この日は、中央区の谷内司さんがもち米「きたゆきもち」168袋(1袋30キロ)、西風連の後藤信夫さんがもち米「しろくまもち」84袋、下多寄の近藤智さんがもち米「しろくまもち」168袋、日進の佐伯博明さんがうるち米「ゆめぴりか」200袋を持ち込んだ。
 北海道米麦改良協会登録の農作物検査員が整粒や品種混合の有無、水分割合、被害粒の有無などを抽出検査。検査終了後、全量1等米を祝い、中島道昭同農協組合長、久保和幸副市長から4人に記念品が贈呈されるなど期待通りの出来栄えに、ほっと胸をなで下ろしていた。

(写真=風連検査場所で行われた22年度産米の初出荷)

[ 2010-09-15-19:00 ]


多目的ホール利用は23日終了
サンピラー交流館・今夏も多くの親子でにぎわい

 【名寄】道立サンピラーパーク内サンピラー交流館「多目的ホール」の利用は、23日で終了する。24日からはカーリングホールオープンを目指し、シートの張りなどが急ピッチで進められる。
 サンピラー交流館内にある多目的ホールは、夏期間は、ボールプールや三輪車などの遊具が設置され、小さな子供たちが自由に遊ぶことができる「チビッコ広場」として無料開放。ほか、卓球やバドミントン、フロアカーリングといった軽スポーツも楽しめるスペースを備え、平日、休日を問わず多くの親子で遊ぶ光景が見られている。
 施設を管理する名寄振興公社によると、「夏期間利用は、休日が比較的好天に恵まれた8月は前年同期比プラスとなったが、総体的には前年並みとなっている」と説明する。

(写真=23日で終了する多目的ホールの夏季利用)

[ 2010-09-15-19:00 ]


道北大会団体で準優勝
風連トランポリン協が健闘

 【名寄】風連トランポリン協会(日根野正敏会長)は、このほど士別で開かれた「第30回道北地区トランポリン競技大会」トランポリン競技団体戦で準優勝に輝いた。
 1チーム3選手の合計得点で競うトランポリン競技には、道北の各協会から43チームが出場。風連からは10チーム30人が競技に挑み、持てる力を出し切った演技を披露。結果、チーム戦で小林優さん(風連中1年)、鈴木華凛さん(風連中央小6年)、小泉恭幸君(風連中1年)のチーム「おれ様恭幸バージョンサードVr3rd」が3位入賞。さらに、各地区上位4チームの合計点で争う団体戦では準優勝に輝いた。

(写真=道北大会団体で準優勝に輝いた会員たち)

[ 2010-09-15-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.