地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年9月3

農作物被害も発生
ヒグマ出没注意・山菜シーズン控え名寄市喚起

 【名寄】名寄では本年度8月末現在で、ヒグマまたはヒグマの足跡の目撃情報が10件ほど市に寄せられている。8月上旬には風連地区日進のほ場(スイートコーン)の一部が荒らされるなど、収穫を迎えた農作物を狙ったヒグマ被害も発生している。
 これからの季節は、落葉キノコといった山の恵みがポツポツと顔を出し、入山機会も多くなるシーズン。市経済部耕地林務課は「クマの出没は朝方と晩に集中している。山菜採りなどで入山する際は、鈴、ラジオなどを携帯し、常に音を立てて、ヒグマに人間の存在を知らせること。何よりも1人での入山は避けること」と注意を促している。

[ 2010-09-03-19:00 ]


共同開発や人材派遣
下川と南那珂両森林組合・協定結び多分野で地域交流

 【下川】北海道、下川町森林組合(山下邦廣組合長)と宮崎県、南那珂森林組合(島田俊光組合長)の友好組合締結協定調印式が2日、下川町林業総合センターで開かれた。
 両組合の協定は、北と南で環境の異なる森林組合が、各地域特性を生かしながら多分野で交流を図ることで、それぞれの地域への社会的、文化的、経済的貢献や両組合の繁栄に結び付けるのが目的。
 調印式には下川町森林組合や道内各関係機関から45人、南那珂森林組合や宮崎県の各関係機関から33人が出席。山下組合長と島田組合長が協定書に調印、安斎保下川町長と野辺修光串間市長が立会人として署名した。

(写真=協定を締結した山下組合長(左)と島田組合長)

[ 2010-09-03-19:00 ]


秋の実り次々と収穫
風連中央区の谷内さん・昨年より26日早く稲刈り

 【名寄】名寄地方のトップを切り、名寄市風連町中央区の谷内司さんが、2日から稲刈り作業をスタートさせ、黄金色に輝く稲を次々と刈り取っている。
 稲刈りは昨年より26日早い2日から開始したが、谷内さんは「今年は雪解けが遅く、作業の遅れが心配されていたが、6月からの高温で生育が一気に進んだため、例年より早い稲刈り作業となった」と語る。
 コンバインのハンドルを握り、たわわに実った稲を刈り取っている谷内さんは「40年ほど農家を営んでいるが、こんなに早い時期に刈り取り作業ができたことはない」と驚きの表情を浮かべるとともに、「今年は『いもち病』の発生もなく、豊作が期待できる」と話す。

(写真=黄金色に輝く稲を刈り取る谷内さん)

[ 2010-09-03-19:00 ]


「笑顔でプレーしたい」
風連中3年の奥山さん・道選抜でJOCカップ出場

 【名寄】風連中学校3年の奥山優奈さんが、JOCジュニアオリンピックカップ第24回全国都道府県対抗中学生バレーボール大会(12月25日〜28日・大阪)に出場する北海道選抜選手の1人に選ばれた。
 奥山さんは、地域のママさんバレーチームに参加している母親の影響を受けて、小学2年の時に風連バレーボール少年団(現・なよろ風連ウイングバレーボール少年団)に入団。現在の身長は168センチで、ポジションはセンター。
 道選抜に選ばれたきっかけは、地区協会対抗戦第19回北海道中学生バレーボール優秀選手選抜大会。小柄ながらも抜群のバレーセンスを持っている─との評価で注目を集め、選抜候補に選ばれた。選考会の結果、道選抜選手12人の1人に選出され、今月から札幌や旭川などで全国大会に向けた強化合宿に参加する。
 奥山さんは「笑顔で思いっきりプレーしたい」と抱負を語っている。

(写真=北海道選抜選手の1人に選ばれた奥山さん)

[ 2010-09-03-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.