地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2010年9月2

30万円以上は明け渡し請求
名寄市議会建設常任委・市営住宅家賃滞納で要網作成

 【名寄】名寄市議会建設常任委員会(中野秀敏委員長)が1日、市役所風連庁舎で開かれた。市は、公営住宅の家賃滞納者対応のガイドラインとして、30万円以上の家賃滞納者に居住建物の明け渡し請求を行うほか、請求に応じない場合は訴訟措置を講じる―などの内容を盛り込んだ「名寄市営住宅家賃滞納整理等事務処理要綱」を作成したことを説明し、滞納者以外の公営住宅居住者や待機者の多い入居希望者などへの公平性に努めるとした。
 同要綱の作成は、悪質滞納者に対する法的処置内容を明確にするとともに、公営住宅居住者などとの公平性を図ろうというもの。内容は、30万円以上の家賃滞納者をはじめ、支払いに応じない30万円未満の滞納者などに居住建物の明け渡し請求し、これにも応じない場合は訴訟措置を行なう。

[ 2010-09-02-19:00 ]


都市部から3人を採用
下川で地域おこし隊の委嘱

 【下川】町の地域おこし協力隊委嘱式が1日、役場応接室で開かれた。
 町は一の橋地区の集落維持と自立化を図るために、22年度から3年間で国の交付金事業などを活用しながら「一の橋市街地活性化プラン」に取り組む。
 地域おこし協力隊はこの行動部隊として、都市部に住んでいる意欲ある若者を対象に募集。加藤達也さん、武田大さん、大和田類さんの3人を採用。また、全体のコーディネートを担う「集落支援員」として、同地区の今井宏さんを選出した。任期は来年3月31日(最長3年間)まで。
 3人は同地区旧教員住宅に転入し、今後、住民生活サポート、山びこ学園支援サポート、景観整備など前段的な作業に取り組む。

(写真=委嘱を受けた地域おこし協力隊3人と集落支援員)

[ 2010-09-02-19:00 ]


多様なジャンル14曲
下川開拓110年記念・北部航空音楽隊が演奏披露

 【下川】下川町文化講演会実行委員会(田端英雄委員長)主催の下川町開拓110年記念事業「航空自衛隊・北部航空音楽隊演奏会」が8月31日、公民館で開かれた。
 北部航空音楽隊は、昭和51年10月に北部航空方面隊直轄の部隊として発足し、航空自衛隊三沢基地(青森県)に所在している吹奏楽団。この日は隊員39人が演奏。350人が来場し、客席を埋め尽くした。
 第1部はダイナミックな「ドルフィン・イン・ザ・スカイ」の演奏にはじまり「旧友」、クラリネット演奏を中心とした「小鳥の巣」、カルメル組曲から4曲を披露。第2部はドラマや時代劇のテーマ曲メドレーなど、なじみのある曲を中心に7曲を演奏。アンコールで会場の手拍子を受けながら「ソーラン節」など3曲を披露。国内トップレベルの演奏に大きな拍手が鳴り響いていた。

(写真=国内トップレベルの演奏を披露した音楽隊)

[ 2010-09-02-19:00 ]


重機体験搭乗も
下川小4年が工事現場を見学

 【下川】下川小学校を対象としたサンルダム建設事業連絡協議会(山口司会長)主催のほんわか教室「サンルダム工事現場見学会」が8月31日、道道下川雄武線付替改良7号橋上部工事作業所で開かれた。
 同協議会は、サンルダムに関する各工事に携わる業者が互いに連携し、環境保全、災害時の対応、地域貢献活動などを図るために組織。今回は子供たちに現場に触れる機会をつくろうと、見学会を開催した。
 見学会は下川小学校4年生20人と引率の教師2人が参加。工事担当者が「この7号橋は大きなコンクリートの柱に鉄製の橋げたが架けられており、自動車1000台分の鉄が使われる」と話し、写真を見せながら橋げたの製造工程を説明。 この後、さまざまな現場体験が行われた。

(写真=サンルダム建設工事現場で様々な体験をした児童)

[ 2010-09-02-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.